メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / あえ物 / あわびのサラダ他

あわびのサラダ

あわびのサラダ他

あわびといえば、これまでに焼いたり蒸したり楽しんできましたが、 そういえば洋風に食べてないなという事に気づきまして、早速調理開始です。

蒸しあわび

あわび

今回は全編蒸したあわびを用いておりますが、もちろん生でもかまいません。 殻のはずし方は、蒸しアワビをどうぞ。


あわびを炒める

あわびのサラダ

あわびを好きなように切り分けて、バターで両面サッと炒めます。


あわびをあえる

あとはアワビをドレッシングであえるだけです。 今回フレンチドレッシングにマヨネーズを合わせ、からしをしこたま効かせてます。

レモンをジュッと絞り込めばああもう、こんな量じゃ足りません!


あわびとマッシュルームを煮る

あわびのミルク煮

何かしらのスープ(カツオ)に水溶き片栗粉でトロミをつけて、そこへマッシュルームあわびを加えて煮るんです。

サラダを作る際、格好良く作ろうとすれば、あわびの切れ端が出ましてね、そこを使えばムダになりません。


練乳をたらす

頃合いを見て練乳をたらし、で味を調えてから盛り付けます。


あわびのミルク煮

練乳てなんか意外ですが、これがとても良い仕事をします。 あわびとマッシュルームがはっきり目視できないほどマッタリ加える事で、 今つまんだのが、あわびなのかマッシュルームなのかハッキリしなくなるんです。 まさにカラスミとギンナンの関係です。

塩でウソみたいに味がまとまりますから、臆せずたっぷり加えます。 トロミが足りないようでしたら、仕上げに再度、水溶き片栗粉をたらします。

「練乳使っといて何がミルク煮だよ」との意見もありますが「練乳煮」てなんかこうシックリこなかったのでミルク煮としたまでです。


あわびの冷製のタレ

あわびの冷製

最後は中華風をひとつ。

何かしらのスープ(カツオ)と醤油を同割りし、そこへごま油砂糖を少々加えて混ぜます。


あわびの冷製

刻みきゅうりの上にあわびを並べ、上からタレをかけます。

冷製というぐらいですから、食べる直前まで両者を徹底的に冷やしておきます。

あわび一切れで、キュウリをどんどん消費できます。

あわびのサラダ他のツボ

  • 生で食べるならオガイ、火を通すならメガイ、と言われておりますが、昨今浜値も同じになったそうです。 昔はオガイのほうが高かったんですけどね。

おさらい

あわびを洋風に食べるといいながら、最後は中華風かみたいな。


15/02/17



ページトップへ
* *