メニュー


アラ

アラ美味極まる

12年前に公開したコンテンツを、今こうして更新する事にキセキを覚えます(赤面)。

先日知人がなんと、アラを提げて遊びに来てくれましてねえ、驚いたのがその大きさで、巨大なアラだと自宅でおろすのは困難ですが、60センチ大のデップリ肥えた、お手頃サイズのシメたてを持ってきてくれまして。  皆で食べつくしました(2017/03/30追記。 尚、元コンテンツは記念として下部に残しておきます若かったー当時)。

アラ

アラ

こちらがタナボタ入手のワガママボディをしたアラさんです。 重さは計りませんでしたが、ザッと4、5キロですかねえ。

10キロ前後は年末よく見かけますが、こんなサイズは見たことありません。 「釣ってきたの?」と聞けば「チョットねフフフ・・・」と語尾をニゴサレタから、それ以上は問い詰めませんでした。


おろす

おろす

難易度高めです。 まずはヌルヌラした体表を金タワシでこすり洗いして、まな板上の座りを良くします。 あとは普通の魚みたいに三枚におろしてまいりますが、 この際イシダイみたいに皮をすいておくと(ウロコを包丁ですき取る)、刺身にする際身と皮の間の絶妙なる脂を堪能する事ができます。


アラ(骨)

アラ(骨)

おろせたら、頭や骨はおろか、すき取った皮やウロコ、内臓を大事にのけておきます。 どれをとってもゲに旨いもんです。

ページトップは、あえて皮をきれいさっぱりすきとった身を刺身にしたものです、淡泊〜! わさび醤油でいただきました。


クエの刺身

クエの刺身

こちらが皮すきをした後、皮面を炙ったほうの刺身です、断然こちらがオススメです。 その他松皮造りにする手法もありますよ!

もみじおろしポン酢でいただきました。


アラ鍋

アラ鍋

湯通し後、掃除した骨やワタを昆布だしでコトコト煮ます。 アクをすくい、好みの野菜を入れて静かに待つと、いつのまにやら黄金色のスープになっている事でしょう。

味見してみるとこれはもう、かのスッポン鍋すら凌駕する独特のコクに圧倒されます。 アラの醍醐味は刺身より、なんといってもこの鍋です。  調子づいて、刺身を時折しゃぶしゃぶしながら、 黙々もみじおろし+ポン酢で食べつくしました。 人生最良の鍋です。


アラ皮

アラ皮

「財布でも作れるんじゃなかろうか?」 と真顔で思ったブ厚い皮も、揚げたらサックサクです! ウロコですら旨いんですもの、大した男ですアラって魚は!


アラ

以下旧コンテンツ

アラばい! 超高級魚のアラバイ!

て言うても「手のひらサイズ」のアラさね・・・行きつけの魚屋で見なれん魚のこっちば見とったとばい。 「こいは何ね?」って聞いたらさ、「アラッ! クエさ〜」て教えてくれたとさ。 「はぁ、アラねえ・・・アラ?アラてあのアラのことかっ!」って興奮してしもうたね、つい。

アラは超高級魚で美味しくて、お相撲さんが好きでデカい、っていうイメージのあったとばってんとにかく小さかねこのアラ。 まっでアラカブぐらいたい。 「んでいくら? 600円ね。 買います」

っていうように即買いしてきたとばい。

急いで家に帰って自慢気に「こいなんか知っとるやー?」ってヨメに見せたら「アラカブ?」ってヌカすけん「違うて、コイはね・・・・・・」って10分ぐらいかけて説明したとばい。 そしたらヨメは「あ、子供という事ね。 ソレ一匹で豚バラと手羽先ば買えるね」ってさ・・・。

まったく夢の無かとねあんた・・・もうチットも食わせんけんね。 ということで大事にムダのないよう調理開始ばい。


アラの三枚おろし

アラの三枚おろし

とりあえず刺身にって事で三枚におろしてみたばい、うーん小さかね。 アラは捨てるところは無い魚やけん、中骨から何から全部取っておこうね。


アラの刺身

アラの刺身

アメ色でしっとりとした身やったとばいウマカ。 フグ刺並に薄切りにしたかったとばってん、オイのテクニックではこいが精一杯ばい。


アラの煮付け

アラの煮付け完成

アラのアラばみりんと醤油で煮詰めたばい、オイシカねー。


アラとは

アラはね、別名クエ(九繪)とも呼ばれるハタ科の魚ばい。 沖スズキなんていう異名もあるとさね。

マハタと似とるばってんが、別の種類さ。 秋冬が旬で美味しかとばい。 佐賀の唐津くんちではね、大型のアラの姿煮ば食べるとバーイ。


まとめ

小さいながらもアラという魚は美味で、存分に堪能できたとばい。 そして今度はちゃんとした10kg級のアラ鍋ば食いたか! っていう欲望の燃え上がってきたとさね。

思ったら即行動ということで魚屋さんに連絡したら「正月には高くなっけど、そん前やったら結構安かよ」っていう事やったばい。 10人で食えば一人\10,000か・・・正月前にアラ鍋ば絶対食うてやるぞオイ。


アラのツボ

  • 掲示板に書き込みいただいたふゆき様よりの情報で、この魚はアラに似ているけれど、キジハタ(関西ではアコウ)だったことが判明しました! 赤褐色の斑点が、 体全体に密にあるのが特徴で、刺身、煮付けにすると、美味だとか。 いや実際美味しかったのですが。 夏が旬で、関西では「アコウ料理」として賞味されるそうであります。  これでなおさらホンモノのアラを食べたくなりました。 ふゆきさん、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました!
  • アラに捨てるところはない。
  • 目標は大きいアラを食べるコト。

おさらい

アラのウロコを良く剥ぎ取り、3枚卸にしてイロイロ食べてみる。 骨皮最高ね。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

05/11/20



ページトップへ
* *