メニュー


アラ

アラ美味極まる

アラばい! 超高級魚のアラバイ!
て、いうても手のひらサイズのアラばい。。 行き付けの魚屋さんで見なれん魚のこっちば見とったとばい。 「こいはなんね?」って聞いたらさ、 「アラッ! クエさっ。」って教えてくれたとばい。 はぁ、アラねえ。 アラ? アラてあのアラのことかっ!って少し興奮しながら思わず聞き返したとばい。

アラは超高級魚で美味しくて、すもうとりが好きで魚自体がものすごうデカい、っていう個人的なイメージのあったとばってん 「コレ小さかね。 アラカブぐらいたい。 んでいくら? 600円ね。 買います。」

っていうふうに即買いしたとばい。

急いで家に帰り自慢気に「ワイこいなんか知っとるやーっ。」ってヨメに見せたらアラカブ?ってぬかすけんが、「ちがうて、コイはな........」って10分ぐらい説明した。 そしたらヨメは「あ、子供ね。 ソレ一匹で豚バラと手場先ば買われるね。」ってさ。

 チッ。 このダボハゲがーっ。 まったく夢のない。 おまえにはチットも食わせんけんね。 と、いうことで大事にムダのないよう調理開始ばい。

※掲示板に書き込みいただいたふゆき様よりの情報で、この魚はアラに似ているけれど、キジハタ(関西ではアコウ)だったことが判明しました! 赤褐色の斑点が、 体全体に密にあるのが特徴で、刺身、煮付けにすると、美味だとか。 いや実際美味しかったのですが。 夏が旬で、関西では「アコウ料理」として賞味されるそうであります。  これでなおさらホンモノのアラを食べたくなりました。 ふゆきさん、この場を借りて、心よりお礼申し上げます。 ありがとうございました!

アラの三枚おろし

アラの三枚おろし

とりあえず刺身にしようってことで三枚におろしてみた。 うーん小さい。 アラは捨てるところはないっていうほどの魚やけんが、中骨から何から全部とっておこう。


アラの刺身

2.アラの刺身完成

アメ色でしっとりとした身やったとばい。 ウマカ。 フグ刺並に薄切りにしたかったとばってん、 オイのテクニックではこいが精一杯ばい。


アラの煮付け

3.アラの煮付け完成

砂糖と醤油、酒で煮詰めたバイ。 ウマカ。


アラとは

アラはね、別名クエ(九繪)とも呼ばれるハタ科の魚ばい。  沖スズキなんていう異名もあるとばい。

マハタと似とるばってんが、別の種類さ。 秋冬が旬で美味しかとばい。  佐賀の唐津くんちではね、大型のアラの姿煮ば食べるとバーイ。

小さいながらもアラという魚は美味で、存分に堪能できたとばい。  そして今度はちゃんとした10kg級のアラ鍋ば食いたか!  っていう欲望の燃え上がってきたとばい。

思ったら即行動ということで魚屋さんに連絡。 お正月には高くなるけど、そん前やったら結構安く手に入るよ。 っていうことやったとばい。 10人で食えば一人\10,000か。 正月前にアラ鍋ば絶対食うてやるぞオイ。


アラのツボ

  • アラに捨てるところはない。
  • 目標は大きいアラを食べるコト。

おさらい

アラのウロコを良く剥ぎ取り、3枚卸にしてイロイロ食べてみる。 骨皮最高ね。

05/11/20



ページトップへ
* *