ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / 豚テツ(豚の鉄板焼き)

豚テツ(豚の鉄板焼き)

豚テツ(豚の鉄板焼き)

豚肉って便利ですよねー色んな料理に使えるし部位によっても楽しみ方が様々ですし。

豚の角煮を一日がかりでこしらえようと思い立ち、カミさんに「豚のバラ肉をブロック」で買ってくるようお願いしておいたのですが、 「豚の肩ロースの塊」を買ってきやがりました。 いつものことですもはや腹すら立ちません。 肩ロースで角煮ができないわけでもないのですが、やはりバラにはかないません。

叉焼焼き豚はここんところ我が家では落ち着いていますし。

ローストポークにはうってつけかと思いきや、塊の大きさが不十分です。  薄くそいで「ちょっと厚めのしょうが焼き」にするのはとてもオススメの調理法ですが、ついこの前食べたばかりです。

トンカツを作るにはやっぱり赤身のロースかヒレがいいと思いますし、 こうなると、ポークソテーしか道はないと思います。 そしてそれが王道かと思われます。

なので今回は、厚切り肉のポークソテーを作ることに決定しました。 でもそれだとなんか面白くないので、豚肩ロースの塊肉を、ちょっとこだわってソテーしたのち、なんかこう、 別の料理名をつけてみたいと思います。 うーんそうですね、豚の鉄板焼き! ストレートな名前でしっくりきますがなんちゅうかこう・・・略して豚テツ!

そうです、豚テツと名付けました。

豚肩ロース

豚肩ロース

これが間違って買ってこられた豚肩ロースです。 これをどう、バラと見間違えればよいのかオイには皆目見当もつきませんがそれはまた別の話。

ロース特有の分厚い脂身がついておりましたが今回はとっぱらっちゃいました。


厚みをそぐ

この、厚み5センチはあろうかという塊を、ヒレステーキのように焼けば格好よくて見栄えもするでしょうが食べにくいでしょうし、 第一焼くのに失敗してしまうハズです。  だからここは半分の厚みにそぎたいと、おもいます。

※筋切りをする場合はここでどうぞ。


ロースに塩、胡椒をふる

塩、胡椒

室温に戻した厚さ約2.5センチの肩ロースに胡椒をふります。 両面にまんべんなくおねがいします。


焼き始める

焼きはじめる

鉄板(フライパン)を中火にかけまして、油を引きます。  今回、はじめにとっぱらった脂身を焼き溶かして油として用いる手段をとっておりますが、なにふつうのサラダ油で結構です。  多めの油で、「まるで揚げるかのように焼く」つもりです。

肉を静かに入れて、焼きはじめます。


裏返す

時折ゆらしながらそのまま5分ぐらい焼くと、軽く焦げ目がついているハズです。 そうしましたら弱火にして、 裏返し、これからおよそ15分かけて焼きあげます。


フタをせずに焼く

チキンソテーはフタをして、20分かけて焼きあげますが今回はフタをしません。 フタをしなくても十分中まで火が通ります。


タレの調合

タレの調合

さて15分も時間がありますからサイドメニューのひとつやふたつ、すぐに作れますがその前に、豚テツのタレを調合しておきましょう。  醤油みりんをあわせ、そこへニンニクのすりおろしたのを加えておきます。 はいこれだけ。 超簡単です。


肉を返しながら焼く

肉を返す

15分間ただ肉を見つめているだけではありません。 途中3、4回、焦げ目をみながら肉をひっくり返してみたり肉からにじみ出た油をかけてみたり、 おしつけてジューッといわせてみたりしたほうが楽しくもあり、おいしくなるものです。


焼き上がり

焼きあがり

さて15分が経過しました。 まんべんなく焼き色がついて美味しそうです。 ここで肉に鉄串を突き刺してみて、血がにじみでるようでしたら芯まで焼けていません。  もう少し焼き続けます(くれぐれも焼きすぎにはご注意ください)。 透き通った肉汁がでたら、焼けている証です。 火を止めて、肉を鉄板から上げてください。

※鉄串による焼き加減チェック法はよく耳にする話ですが、これにはかなり信頼性があり、なおかつわかりやすいものです。


タレ作り

タレ作り

肉を器に盛り付けまして、さあ冷めてしまわないうちにタレの仕上げに取りかかります。

フライパンに残った油をキッチンペーパーで8割がた拭き取ります。 こびりついているカスは旨味の素ですからそのまま残しておいてください。


タレを鍋に入れる

鍋を火にかけて、すかさず調合しておいたタレを注ぎます。 「ジャーッ」と音を立てながらすぐ煮立つのでザッとひとまぜして火を止めて・・・


タレを肉にかける

急いで肉の上から回しかけます。


豚の鉄板焼き完成

豚の鉄板焼き完成

熱々をいただきます。 どうして画像がナナメになっているのかというと、肉から流れ落ちるタレと肉汁を眺めているうちに首が横になり、そのままシャッターを切ったからです。



豚テツ(豚の鉄板焼き)のツボ

  • フライパンに残る油をとりすぎると、タレが美味しくなくなる。
  • 焼きすぎに注意。
  • タレがシンプルながら美味。
  • つけあわせはお好みでどうぞ。

おさらい

豚肩ロースに塩、胡椒を振り、20分かけて焼きあげ、タレをたらして熱いうちに食べる。

10/06/02


Tweet @yes_oiをフォロー