メニュー


セロリの醤油漬け

セロリ

なかなか予約のとれない、前から行ってみたかった料理屋がありまして。

マメに電話を入れていたところ、幸運にも空きができましてね。 もう日がな一日、夜の宴の事ばかり考えていました。

予約時間に遅れないよう、早めに家を出て店に向かったところ、なんか行列ができています。 「さっすが人気店!」かと思いきや、どうやら列は、となりのお店に作られている模様です。

すかさず検索してみると・・・なんとそこもまた、人気の酒場だったのです。

予約の時間まで少々余裕がありましたから「一杯だけ」と、つい並んじゃいまして。 中へ入れば、壁面にメニューがビッチリ張られている、安くてボリュームある系の酒場でした。

とりあえずビールをお願いし、メニューを端からズラリと眺めて・・・なにか腹にたまらないものを・・・あ、セロリだ!と注文したんですけどね、

ニラ

セロリ

そしたら間髪置かずに出てきたのが、ホントにそのまんま、セロリだったんです。

さずがに一本丸ごとでなく半分でしたが平皿に、セロリ(根の方)をポンと置いただけ、という状態にア然です。

「あのー、コレこのままかじるんです?」と念のため聞いたところ、テーブル備え付けのマヨネーズを塗って、かじれという指示でしたから、言われた通りにビールを飲みながら、黙々と喰ったんですセロリを。

軽く一杯のつもりだったのに、ズ太いセロリを前にこれではビールが足りません。 すかさず焼酎をお願いし、さし迫る予約時間の中、必死でセロリを胃袋へ収めたのでした、カリカリカリカリ・・・。


湯通しする

セロリの醤油漬

さて目当ての料理屋です、なんか落ち着きます。 お勧めのものをお願いし、日本酒を呑みながらメニューをしげしげ眺めた所「セロリ」の文字を見つけましてね。 何なんでしょうこの既視感。

たった今痛い思いをしたばかりのセロリでしたが「この店のセロリはいかばかり」と頼まずにはいられない自分がおりまして。

そこでお願いしたところ、出されたものは、こちらもまた意外でした。

皮をむいて、サイコロに切ったセロリを醤油漬にし、それを絹ごし豆腐の上へ乗せています。 脇には茹でた野菜に、カツオブシが散らされております。 さじが添えてあり、すくっては一口、飲んでは二口、という風に嗜むもので、ありました。

同じセロリでも、店によってこれだけ出方が違うんだなあという、人生の醍醐味をまた覚えました。 これだから酒場巡りはやめられませんよね。

では、私はあと二、三軒寄って帰りますんで。 また次回お会いしましょう!


レシピのツボ

  • セロリのむいた皮は、キンピラにするとイケますよ。
  • セロリを醤油に漬ける時間はせめて、15分以上というところです。 一晩漬けこみ、黒光りさせても又イケます。
  • 豆腐は絹ごしの方が食感のギャップが活きます。
  • ただひたすらセロリの醤油漬だけをつまむのも無論呑めます。
  • 本作にポン酢をかけて食べるのも美味です。

おさらい

浅草にビール醸造器が店内に設置されているビアホールがあるらしく、今度そこへ行くのを楽しみにしています。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

16/06/28



ページトップへ
* *