メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 揚げ物 / ポテトコロッケ

ポテトコロッケ

ポテトコロッケ

我家の場合、ジャガイモは買うものではなく貰うものです。

なぜならば、田舎の婆ちゃんが畑で沢山作っていて、時期になると送られてくるからです。  コロッケは用いるジャガイモの種類でも随分味が違ってきます。

ジャガイモ処理

じゃがいも

ジャガイモを蒸すか茹でるかして、皮をむきます。 そしてジャカイモがまだ熱いうちに、がんばって皮をはぐのです。 ちなみに今回使用しているジャガイモは男爵という品種です。

皮をはいだら、ヘラでザッとつぶします。 軽く胡椒をし、ラップをかけて保温しておきます。


タマネギとひき肉を炒める

タマネギ

鍋にラードをひいて、みじん切りのタマネギを炒めます。


タマネギとひき肉を炒める

しばらくし、牛か豚のひき肉を加え、炒め合わせます。 味付けは胡椒砂糖醤油などお好みでどうぞ。


こねる

合わせる

炒めたタマネギとひき肉を、つぶしたジャガイモと混ぜ合わせます。 よくこねましょう! できればこのまま一晩寝かせたほうが味は良くなりますよ。 美味しいから、ついこのままつまんじゃったりするんですよね。


コロッケ成型

コロッケ成型

コロッケのタネを、好みの大きさ、形にまとめます。 手にをつけて作業するとスムーズです。


小麦粉をつける

小麦粉をまぶす

成型したコロッケのタネに、小麦粉をまぶします。 薄く満遍なくまぶします。


卵液に浸す

卵液に漬ける

小麦粉をまぶしたコロッケのタネを、卵液にくぐらせます。 卵液とは、小麦粉牛乳を混ぜ合わせて液状にしたものです。

天使の衣でどうぞ!


パン粉をまぶす

パン粉をまぶす

卵液をくぐらせたコロッケのタネに、パン粉をまぶします。 ちなみにパン粉は食パンをばらし、それを牛乳に漬け込んだものを固く絞って使うと美味いです(パン粉の作り方)。 


コロッケ完成

揚げる

180℃の油でカラリと揚げて完成です。 3、4分、しっかり時間をかけて揚げたほうが「かじるとサクッ!」の心地よい食感に仕上がります。

※揚げ油は何種か混ぜて使うと風味がよくなります。 たとえばサラダ油に胡麻油を少量たらしたり。


コロッケ完成

何個でもかじれますなー。


グリンピースとベシャメル

ソース作り

出来上がったコロッケは、ウスターソースをかけてみたり、醤油をかけてみたり、オーロラソースをかけてみたり、そのままカブりついたりと、自由に食べればよいのですが、 こんなクリーミーなソースもステキです。

グラタンを作る際のベシャメルソースに、グリンピースを混ぜ込みます。  グリンピースはあらかじめ炒めておいてもそのままでも結構です(グリンピースごはん)。


ベシャメルソースコロッケ

揚げたてのコロッケに、ベシャメルソースをかけて食べます。


クリームコロッケ

クリームコロッケ

こちらにまとめてあります→クリームコロッケ


醤油とバター

コロッケ丼

東海林さだおの丸かじりシリーズに、コロッケ丼なるものがありました。  簡単にできますので、今度コロッケを作ってみたときにでもお試しください。  まずはコロッケを上手に揚げておいてから、炊き立てのご飯を盛り、そこへバターを散りばめて、醤油をたらします。 分量はお好みでどうぞ。


コロッケを乗せる

上から揚げたてのコロッケを乗せ、割合丁寧に突き崩します。


コロッケ丼完成

ウスターソースや中濃ソースを自分好みに調合したものを上からかけて、むさぼります。 コロッケ丼のおかずには、コロッケが合うのだとか。


コロッケのパンクを防ぐ

コロッケを揚げると、割れてしまう場合があります。 これは衣がよくついていない場合におこります。  卵液をまんべんなくコロッケタネにつけておかないと、ついていない部分から油が内部に侵入し、水分をはじき、材料を引き離してしまうというわけです。

さらに、揚げ油の温度が低すぎる場合も割れる原因となります。 コロッケは160℃〜180℃の間で揚げましょう。


ポテトコロッケのツボ

  • かじると思わず口の中をケガするぐらいのカリカリ度が美味しさのヒケツです。
  • タネは一晩寝かせると美味いです。
  • 油の温度を注意しましょう。
  • 卵液やパン粉は満遍なくつけましょう。
  • 大正コロッケもお試しを。
  • トロけるコロッケもどうぞ。

おさらい

ジャガイモを蒸して、皮をむいて潰す。 それを一日寝かして、タマネギとひき肉を炒めたものと混ぜ合わせる。 成型し、小麦粉をまぶし、 卵液をくぐらせ、パン粉を漬けて、揚げるとできあがり。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

05/11/20



ページトップへ
* *