メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / ごはん系 / 世界一カンタンなカレー

世界一カンタンなカレー

世界一カンタンなカレー

「まずタマネギのみじん切りを30分間焦がさないように炒める」

せっかくカレーを作ってみようと料理本を買ったまではよかったものの急な話、タマネギをただ、やみくもに30分間炒め続けろだなんて言われ、 ムッときて調理早々カレー作りを断念した、という方が中にはいらっしゃる事でしょう。

とりあえず今回のレシピは「カレーを作るのにこれ以上カンタンな方法はない」と断言したい手順です。 タマネギ30分炒めも無し。 作ってみません?

野菜を切る

野菜

野菜はタマネギ、ニンジン、ジャガイモだけ。 タマネギは厚めのせん切りに、ジャガとニンジンは乱切りしておきましょう。


肉を切る

豚バラの塊肉を用います。 食べやすいようサイコロに切り分けます。


煮込む

煮る

さて大鍋に水を張り、肉と野菜を入れたら、コトコト20分間煮はじめます。

スープすら使わないんです。


カレールー

ルー

小麦粉とカレー粉を水で溶いておきまして、これが今回のルーとなります。 超簡単!


仕上げ

仕上げ

あとは鍋にルーを加えて静かに混ぜながらよく溶かし、塩で味を調えるだけ。 終わり。

出来上がりを器に盛り、醤油をたらしながら食べます。

「え、もう完成なん?」 そう、たったこれだけで作れてしまうのです。 しかも味はしっかりカレーですから驚いてしまいます。

実はこの作り方、日本橋たいめいけんの先代店主が考案したものなのです。 もちろんお店で出すカレーではなく、 こういう作り方もあるという一例ではありますが。

実食してみると、野菜の甘味ほのかな優しいカレーです。 このカレーをベースに、ウスターソースを入れてみたり、リンゴをすりおろしてみたり、 ナンダカンダ入れたりすると、好みの味に仕上がるでしょう。


味噌カレー:タマネギ

味噌カレー

日本人はたいていの食べ物に「味噌はどうか」と試してみたがる。 なのに、カレーに限ってどうして「味噌はどうか」という発想が浮かばなかったのだろうか? と、 東海林さだおさんはおっしゃいます。 ハヤシライスに赤みそを投入するということはあっても、たしかにカレーに味噌を入れようとは思いませんでしたが、 これもきっと合うはず。 それでは東海林さだおさんによる味噌カレーを作ってみましょう。

まずはいつものようにタマネギを炒めてから、肉を投入します。 東海林さんは豚の角切り肉を使用しましたが、オイは牛豚合い挽きを使用してみます。


味噌カレー:味噌

豚肉に火が通ったところで、味噌を投入します。  肉に味噌味をつけるわけです。 赤、白、八丁、田舎味噌を少しづつ投入したそうですが、お気に入りの味噌でよいのではないでしょうか。


味噌カレー:野菜

続けてニンジン、ジャガイモを投入します。 あらかじめレンジでチンしておきます。


味噌カレー:完成

ジャガイモニンジンをある程度炒めてから、カレー粉を投入します。 ここでお湯を入れ、カレールーも少しいれます。 40分程度、焦げないように煮ると味噌カレーのできあがり。


カンタンカレーのツボ

  • 野菜は大きめにゴロゴロ切るのが昭和的雰囲気です。
  • 卵を落として食べたり、牛乳をたらしてみたり、昭和感を楽しみます。
  • スプーンはナプキンにくるんでおいたりですね。

おさらい

豚肉、ニンジン、タマネギ、ジャガイモを切り、鍋で煮る。 カレー粉、小麦粉を水で溶いたものをいれて、塩で味付けするとできあがり。 醤油をかけながら食べる。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

06/06/17



ページトップへ
* *