蒸しアワビ

蒸しアワビ

一ひら、一ひら、菊の花弁のようにたんねんに切ってならべて、食べる。 しみじみおいしいものである。:檀さん


蒸しアワビ

今回は張り切ってデカいアワビを買ってきて、生で食べるのではなく蒸して食べます。  たまには贅沢したってイイじゃないか、という気持ちが込められています。

蒸しアワビ

1、まずはアワビを買ってきます。 別に生のアワビでなくとも、冷凍のアワビでも問題なしです。 冷凍のアワビの場合、解凍して、よく塩洗いしておきます。

アワビをよく観察すると、一方に黒くよごれた穴があります。 その穴を箸の先で2、3度つつくと、アワビは息絶えます。

鮑をはずす

2、さてアワビを殻からはずすのですが、なかなか外れにくいので、力みすぎて怪我をしないように注意しましょう(あわびのおろし方)。

あわびをわける

3、ようやく殻からアワビの身をはずすことができました。 肝を傷つけないように丁寧に作業することがポイントです。 肝は別の皿にとっておきます。

あわびを洗う

4、アワビの身に、一つかみの荒塩を振り、たわしでゴシゴシアワビの汚れを洗い落とします。  ちなみに夏の料理の水貝は、この汚れを落とした貝を、即座に切って、冷水に落とし込むだけです。

あわびをむす

5、アワビの身と肝は別々の容器に入れ、ニンニク、ショウガをひとかけら入れ、ネギの白い部分をアワビの長さに切って1、2本乗せて、 少々、薄口醤油をふりかけて、たんねんに3、4時間蒸しあげます。  出来上がるとそのまま冷まして冷蔵庫に入れて、その都度切ってたべます。

肝もうまい

6、肝もうまいのなんの。

あわびのエキス

7、蒸した後にのこるツユにはアワビのエキスがたっぷりです。

感想

以上蒸しアワビでした。 アワビの美味さのひみつは身に含まれるコハク酸によるものだそうですが、 とにかくその身のモッチリ感、醤油や酒、ネギの風味が凝縮されてアワビの身に吸収されているといった感じで、 今まで食べたアワビ料理のなかでも最高の味でした。 肝は肝で言うことなしに美味しいですし、いやホント、作ってみてよかったです。

余談にはなりますが、この蒸しアワビを食べたあとには、蒸したあとのツユが残っています。 ちょっぴり味見してみると、ウマイ! 身と肝のツユの風味は当然違うのですが、この2つのツユをミックスして、ちゃんぽんのスープに混ぜ込んで食べてみたところ、 ウマイ!ウマイ!ウマイ!とウマイという言葉以外、なにもでてこないグルメレポーターのようになってしまったオイでありました。

※蒸しあわびにほぐしたからすみをまぶして食べると豪華で旨いです。

06/05/18
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

アワビつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

蒸しアワビ

  • アワビ
  • 薄口醤油
  • ニンニク
  • ネギ
  • ショウガ

【調理時間】

  • 3時間

【一口メモ】

  • ウマイ!

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *