ビーフ・ステーキ

ビーフ・ステーキ

ここいらで、ひとつ血のしたたるようなビフテキとゆこう。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > ビーフ・ステーキ

ビーフ・ステーキ

ステーキの焼き方には色んな流儀がありますが、檀さんはこのように焼き上げます。  さあ、好みの部位をご用意ください。

牛ロース

1、まずは牛肉の部位を選びましょう。 ヒレ、ランプ、ロース、お好みでどうぞ。

ちなみに今回はロースを用います。 ロースのステーキをサーロインステーキといいます。

ニンニクをこする

2、肉の表面にニンニクの切り口をこすりつけます。

塩、胡椒をする

3、そしてをまぶし、半挽きのコショウを肉に押し付けるようにすり込みます。 これにて準備完了です。

バターを熱す

4、フライパンにサラダ油バターを半々ぐらいの割合で入れて、点火します。

きれいな焦げ目を肉につけるためには、バターが必要なのです。

焼く

5、強火でまずは、肉の表になる側、つまりコショウをすり込んだ側から焼きはじめます。

つい気になって、肉をいじりたくなりますが、あまり動かさないようにします。

レモン投入

6、一緒にスライスしたレモンを肉の脇にほうりこんで、焼きます。

仕上げ

7、肉に美しい焦げ目がついた頃裏返し、中火に弱めます。 レモンを肉の上に乗せて、好みの焼き加減に仕上げます。

肉の焼け具合にはレア(生焼き)、ミディアム(中焼き)、ウェルダン(十分焼く)とありまして、今回はレアに仕上げたつもりです。

クレソン

8、はじめに焦げ目をつけた側を表にして皿に移し、焼いたレモンの上にバターを乗せます。

あとはクレソンをそえてパクつくだけです。

感想

以上ビーフステーキでした。 焼きたてをほうばると肉汁があふれ、大満足の味でした。 焼き加減も思い通りでしたが、もう少し肉の表面にカッコいい焦げ目をつけたかったな、と思います。

今回使用した肉は長崎産黒毛和牛のロース肉で、100g1600円のものでした。 肉屋さんで一枚300グラムに切り分けてもらいました。

ステーキの脇には是非クレソンをご用意ください。 檀さんはこのようにおっしゃいます。

ビフテキは、焼き上げた肉の傍らに、何といっても、クレソンの青を添えるのが一番だ。

そのクレソンの葉先の方を指で千切って、パリパリ噛むと、獣肉の脂肪がその都度口中で洗われる心地で、ビフテキの濃厚な味わいがまた倍加する。

ビフテキの脇皿も是非ご覧ください。

09/10/05
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

ステーキつながり

ページトップへ

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

ビーフ・ステーキ

  • 牛肉
  • ニンニク
  • 胡椒
  • バター
  • サラダ油
  • レモン
  • クレソン

【調理時間】

  • 10分

【一口メモ】

  • 肉の部位はお好みでどうぞ。

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *