牛豚のモツ焼

牛豚のモツ焼

さまざまの肉片を、朝鮮流に、焼いて食べるのは、大変楽しいことだ。:檀さん


牛豚のモツ焼

さて今回は、韓国風に焼肉を食べます。 檀流のタレはさっぱりと美味しく、いくらでも食えそうな勢いです。  このタレの作り方を覚えるだけでも価値があるというものです。

豚タン

1、まずは肝腎なモツを用意します。 これは豚タン。 牛と比べて非情に安いです。

豚ミノ

2、そして豚ミノ。 コリコリした食感です。

豚ハツ

3、豚ハツ。 ハツとは【Hearts】心臓です。

シマ腸

4、牛シマ腸今ではすっかり高級品になりました。

センマイ

5、センマイ。 あたかも千枚あるかのようなのでセンマイといいます。

すり鉢と白ゴマ

6、さてタレ作りに入りましょう。 まずはゴマをすっておきます。

ニンニクとネギ

7、そしてニンニクとネギ(もしくはワケギ)を混ぜ合わせて潰し切りにします。 ネバリがでるぐらい刻んでやりましょう。

ピーマン

8、もしもピーマンがあれば芯を抜いて小口切りにして、ニンニク、ネギと一緒にしておきます。

モツ漬けこみ

9、用意しておいたモツをタレに漬け込みます。 まずはモツに先ほど用意しておいたゴマ、ニンニク、ネギ、ピーマンを刻んだものをかけます。  そしてトウガラシの種を抜いたものを加えます。 さらにそこへ醤油、酒、ごま油を少々ふりかけてよくかき混ぜるのです。  ちなみに赤い肉には濃口醤油を使い、お好みで砂糖を入れて、 白い肉には薄口醤油もしくは塩を入れます。 檀さんはこれにタバスコを4、5滴たらすそうです。

もろみ

10、左のタレに、さらにモロミを追加すると、複雑な風味を楽しめます。 芝麻辣醤(シマラージャン)を追加してもよいそうです。

タレに漬け込む時間は、1、2時間程度となります。

レバーの注意

11、ちなみに上のタレにレバーを漬け込む際は、あらかじめ10分程度水に漬けて血抜きをし、タレに漬け込みます。  さらにモツ全般にいえることは、 おからに酢と塩を足して、揉み洗いすると臭みが少なくなります。

付けダレ

12、次は付けダレを作ります。 ゴマと胡麻油を合わせて、そこにつぶしたニンニクを刻みいれます。  あとは醤油と酢をたらしこんで、好みでタバスコを入れると付けダレの完成。

焼いて食べる

13、さあ準備はできました。 あとは焼いて食べるだけ!


感想

以上牛豚モツ焼でした。 タレがウマイ! なんだか他の料理にも応用できそうな感じです。 付けあわせとして、もちろんナムルは必須です。  今回はオイ愛用の切り出しコンロで美味しく焼いて食べました。

06/04/06
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

モツつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

牛豚モツ焼

  • タン
  • ハツ
  • ミノ
  • レバー
  • センマイ
  • ゴマ
  • にんにく
  • ネギ
  • ピーマン
  • 唐辛子
  • 醤油
  • 胡麻油
  • タバスコ

付けダレ

  • ゴマ:大さじ2
  • 胡麻油:小さじ1
  • ニンニク:2カケ
  • 醤油:大さじ1
  • 酢:大さじ1
  • タバスコ:少々

【モツ掃除】

  • おから

【調理時間】

  • 120分

【一口メモ】

  • 赤身と白身で醤油を分ける。

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *