サフランごはん

サフランライス

真夏の暑いころ、一度サフランを使ったカレーライスを作ったから、サフランはもう馴染のものだろう。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > サフランごはん

サフランごはん

今回は黄色が美しいサフランライスを作ります。 豚の背脂とキャベツ、バターの香りが渾然一体となり幸せです。

サフランを戻す

1、まずはサフランを刻んで、お湯に浸しておきましょう。 次第に発色して鬱金(うこん)色になります。

米を煮る

2、そしてお米を三合ばかり用意して、よく水洗いをしておきます。

グラグラ沸かした大量の熱湯で、お米を4、5分煮ます。 煮あがったらザルにでも上げておきます。

米を炒る

3、鍋にバターかサラダ油を引いて、煮上げた米を入れ、丁寧に炒めます。 ここで少量の塩と、化学調味料で味付けをします。

この際お好みで、タマネギも一緒に炒めておきます。 

サフランを入れる

4、炒めたら、サフランを回し入れます。 まんべんなく米に混ぜ込みましょう。

キャベツの湯通し

5、キャベツを丸々一個分程度用意して、を入れた湯にさっと通してしんなりさせます。

豚の背脂

6、さて、いよいよ炊きこみます。 豚の背脂を100g用意して、鍋の底にまんべんなく敷きます。

キャベツを広げる

7、背脂の上から先ほどのキャベツの葉を全部きれいに広げていきます。

煮る

8、最後に炒めておいたサフランご飯をキャベツの上に盛り上げて、上からきっちりフタをし、弱火で30分蒸し煮します。  火止めた後も、しばらくそのまま蒸らしておきましょう。 好みで炊き上がる10分ほど前に、レモン水で洗ったマッシュルームを混ぜ込んで、 さらにバターをあちこちに散らします。

感想

以上サフランごはんでした。 炊き上がり、フタを開けるとふんわりキャベツやバターのイイ香りがしてなんとも食欲をそそります。 実は豚の背脂が手に入らず、 豚バラの脂身の部分をそぎとって代用したのですが、今回使用した分量の倍は必要だったかな、と考えております。 ちなみに脂をそいだ残りの豚バラ肉は、 東海林風チャーシューとして美味しく食べました。

06/04/18
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

サフランつながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

サフランライス

  • サフラン
  • サラダ油
  • タマネギ
  • 化学調味料
  • キャベツ
  • 豚背脂
  • レモン水
  • マッシュルーム

【調理時間】

  • 45分

【一口メモ】

  • 背脂多めで。

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *