シャシュリークと川マスのアルミ箔焼き

シャシュリーク

アムールの川岸で「コイコク」もつくったし、バイカル湖畔では、野花に埋れながら、素敵な川マスも焼いた。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > シャシュリークと川マスのアルミ箔焼き

シャシュリークと川マスのアルミ箔焼き

さて今回は野外にて、自家製カマドをこしらえ、羊の肉と川マスを焼き上げます。

夏休み最後の思い出つくりに、息子と二人クーラーボックスをかついで出かけました。

シャシュリークのタレ

1、まずはシャシュリークからいきましょう。 一刻も早く野外に出て行きたいところですが、まずはタレの準備をしておかなければなりません。

檀さんによると、タレのベースは朝鮮風の漬け汁ということですので、朝鮮風焼肉のタレを調合しました。

さらにこれにチリソースタバスコもろみを混ぜ合わせておきます。

肉をタレに漬ける

2、そしてやはり朝鮮風焼肉のように、羊の肉をあらかじめ1、2時間浸しておきました。

さあ、材料を持って出かけましょう。

海辺でシャシュリク

3、檀さんが野外料理を決行した場所は、東京都下奥多摩の神代橋の下だったそうです。

今回は川よりも海のほうが近かったので、よく泳ぎに行く海岸にテントを張りました。

カマドを作る

4、早速即席のカマドを作ります。 大石を三つならべた日本形式のカマド、という記述がありましたので、石を図のように配置してみました。

火を起こす

5、そこらじゅうにある流木を手分けして拾い集め、火をおこします。

焼く

6、あとは羊肉を串刺しにして焼けばそれでよいのですが、本来ならば、ピーマンタマネギを3つ交互に串刺しにして焼きたいところです。

でも檀さんは、タマネギを持ってくるのを忘れたそうですから、オイが持っていくわけにはいきません。 羊肉とピーマンのシャシュリークです。


川マスのアルミ箔焼き

川マスのアルミ箔焼き

マスの下ごしらえ

1、さて次はマスを焼きましょう。 マスにコショウを振り、バターパプリカを加えてからアルミ箔でくるみます。

マスを焼く

2、十分火が通るまでしっかりと焼き上げるとできあがりです。

感想

以上シャシュリークと川マスのアルミ箔焼きでした。 アルメニアにおいてシャシュリークには、ペトルーシカとウクローブ、ラーハンという香草を添えるそうですが、 粉サンショウで結構という檀さんの言葉通りにやってみたところよく合いました。

そして実は、今回焼いたものは羊の肉ではありません。 豚バラの厚切りなのです。 2、3年前は近くでよく羊の肉を見かけていたのですが、 このところ、どこにも売っていないため、代用した次第です。 シャシュリークに使用する肉として、羊、鶏、モツ等という表記がありますので、自分好みの肉を使えばよいかと思います。

マスのアルミ箔焼きに関しては、昨年たまたまスーパーで見かけたマスを冷凍しておいて助かりました。 それ以来見かけません。

フランスでは赤ワインで煮るそうです。

※火の後始末には十分ご注意ください。

09/08/31
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

野外つながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

シャシュリーク

  • ピーマン
  • (タマネギ)
  • ゴマ
  • 薄口醤油
  • ニンニク
  • ネギ
  • コショウ
  • 唐辛子
  • 胡麻油
  • タバスコ
  • もろみ
  • チリソース
  • 粉サンショウ

川マスのアルミ箔焼き

  • マス
  • コショウ
  • バター
  • パプリカ

【調理時間】

  • 上から5分、10分

【一口メモ】

  • 焼ける時間は火力による

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *