ザワーブラーテン

ザワーブラーテン

ドイツ人はザワーブラーテンが大好物らしく、あちこちでご馳走になるのに、日本人は、まだ、よく、この味を知らぬ。:檀さん

ぷちぐる檀流クッキング完全再現 > ザワーブラーテン

ザワーブラーテン

ザワーブラーテンはドイツの家庭料理です。 牛肉をすっぱく仕上げます。

牛もも肉

1、まずは牛肉を用意しましょう。 ヒレやランプを使うと上等ですが、今回は牛モモ肉を用います。 なるべく長方形のほうが後々スライスしやすいです。

漬け込む

2、と水を半々で割ったものに牛肉を浸し、タマネギスライス一個分、ニンニクひとかけら、 クローブ2、3粒、月桂樹1、2枚を散らします。

この状態で冷蔵庫に入れ、二日間寝かせておきます。

ひっくり返す

3、寝かせている途中で、一度肉をひっくり返しておくとまんべんなく漬かります。

塩、胡椒をふる

4、寝かせ終わったら牛肉を取り出して、水気をよくふき取り、胡椒を強めにふりかけます。

漬け汁はあとで使うのでとっておいてください。

焼く

5、フライパンを強火で熱し、バターもしくはマーガリンをひき、牛肉の表面を焼きつけます。

「焼きすぎたかな」というぐらい焦げ目をつけることがポイントです。

煮込む

5、焼いた肉をスープ鍋に移し、漬け汁をくわえて1、2時間とろ火で煮込みます。

煮ているうちに漬け汁が少なくなったらその都度水を足します。

アクをすくう

5、途中でアクがうかんでくるのでこまめにすくいとります。

肉が柔らかくなったらザワーブラーテンの完成です。

※冷蔵庫で保存し、食べる際はスライスして皿に並べます。  ホワイトソースや生クリームをそえるのが本式らしいのですが、 檀さんは、漬け汁にへトマトの汁を足したものを煮詰めてソースにしたそうです。


感想

以上ザワーブラーテンでした。 この料理はからしレンコン牛タンの塩漬けダイコン餅博多じめ酢カブ伊達巻蒸しアワビと並ぶ檀流クッキングのおせち料理シリーズでありまして、 これらを一同に揃えたおせちはさぞかし見栄えがし、美味しいものだろうなあと思いつつも、まだ実現できていません。 次の正月には是非やってみたいと計画しています。

今回、檀さんと同じように漬け汁にトマトをあわせて煮詰め、ソースを作り、食べてみました。 たしかにすっぱい牛肉の味はなじみがなく珍しいものでしたが、酒の肴になりました。  どっちかっていうと、ソースはなにもつけないほうが好みです。

09/05/28
インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

ジャンル: 和  洋  中  調理時間:  長
季節:春→夏  夏→秋  秋→冬  冬→春
調理法:焼く  炒める  煮る  蒸す  揚げる
〆る  漬ける  あえる  その他
材料肉類:牛  豚  鶏  羊  鯨 
野菜:葉物  根物  茎物  海藻 
果実  葱  瓜  種子  香草他

牛つながり

檀流クッキング完全再現topへ

関連レシピ

ザワーブラーテン

  • 牛肉
  • タマネギスライス
  • ニンニク
  • クローブ
  • 月桂樹
  • 胡椒
  • バター

【調理時間】

  • 3日

【一口メモ】

  • 気長に煮込む

ぷちぐる本

檀流レシピ
春→夏
夏→秋
秋→冬
冬→春
フェイスブックページへ ツイッターへ RSS 問い合わせ
インスタグラムやってますー

ページトップへ
* *