メニュー


どて煮

どて煮

先日名古屋を訪れた折、いろんなお店でどて煮を食べました。

真っ黒になるまで八丁味噌で煮込まれた食材にはじめはたじろぎましたが、いざつまんでみるとこれがまた酒種を選ばず飲めるんです。

すっかりどて煮に惚れ込んでしまいまして、自宅にて「一週間どて煮リレー」を開催する運びとなりました。

どて煮だれ

どて煮だれ

どて煮を作りはじめるにあたり、まずはどて煮の基となるたれを仕込んでおかければなりません。 今回はカツオダシ八丁味噌をたんまり合わせて煮て、 甘口になるようみりんをたらしてみました。 食材を煮込んでいくうちに微妙に風味が変わってくると思いますので、その都度自分好みの味になるよう醤油をたらしたり、 甜麺醤を入れてみたりと工夫します。

ページトップは、ゆで卵のどて煮を仕込んでいるところです。 中火でコトコト30分も煮ると、すっかり味噌色に染まってしまう卵ですが、これをさらに煮込んでいくのか、それともこのあたりで引き上げてつまむのかは自由です。


こんにゃくのどて煮

こんにゃくのどて煮

二日目は、こんにゃくを丸のまま3時間煮込みました。 少し縮んで反りかえってきたところで引き上げ、からしをつけながらかじりつきます。

食材を煮ているうちにどて煮だれはかさが減っていくので、その都度ダシ等水気を注ぎ足す必要があります。 それにともない味噌等も追加投入する必要がありまして、その辺がどて煮を自作する醍醐味なんだと感じています。  刻一刻と移りゆく味の変化が楽しいです。


厚揚げのどて煮

厚揚げのどて煮

厚揚げだと言われないとなんだかわからない様子ではありますが、これは間違いなく厚揚げなんです。


肉だんごのどて煮

肉だんごのどて煮

ひき肉とネギを練って団子にし、煮込みました。 この日は時間がなかったので、30分煮ただけでしたが、それでも味噌の風味はしっかりと団子に染み込んでおりました。


鶏モツのどて煮

鶏モツのどて煮

鶏に限らず豚でも牛でも、モツ系はどて煮と好相性です。


牛すじのどて煮

牛すじのどて煮

王道です。 ドロリとするまで煮込んだのを焼酎とやればもう、冥利に尽きるというか、盆と正月が一緒に来る感じです。


トマトのどて煮

トマトのどて煮

意外に味噌とよく合います。 我が家の畑でせっせと育てているプチトマトをどっさり放り込んで軽く煮ました。


以上どて煮な一週間でした。


どて煮のツボ

  • デミ・どて煮もどうぞ!
  • 非常に焦げつきやすいのでご注意ください。
  • 煮込み終えてその日の仕事を終えたどて煮鍋は、冷まして冷蔵庫で保管します。
  • お好みの食材を煮込んでみてはいかがでしょうか。

おさらい

思いついた食材をどて煮にして食べてみる。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

12/07/03



ページトップへ
* *