メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / その他 / 和菓子屋さんのごましお

和菓子屋さんのごましお

和菓子屋さんのごましお

先日掲載した永平寺のごま塩を見てくださったからメールを頂きました。

その方は、和菓子屋さんを営んでいるそうで、和菓子はもちろんの事、赤飯が人気商品なのだとおっしゃいます。

赤飯に「ごましお」はつきものでして、毎日こんな風にごましおを仕込むそうです。

ごまに塩水を注ぐ

ごまと塩

フライパンにごまを薄く広げて、塩水をヒタヒタに注ぎます。 塩水の塩分濃度はお好みになりますが、今回3パーセントで作りました、ちょうどよい塩梅です。


ごまを煎る

火にかける

強火にかけます。 すぐにグツグツなりだしますので、時折かきまぜながら様子を見守ります。


ごまの温度

水気が飛んでチリチリいいはじめましたら火をゆるめ、鍋をゆすりながら水気を飛ばしていきます。

ごまがバラけ、パチパチはじけだしたところで強火にし、少し焦がすぐらいのつもりで炒りあげればできあがり。


ごましおのできあがり

ごまの一粒一粒にちょうどよい塩気がしみ込んでいて、これはまた絶品のごましおです。

レシピのツボ

  • ごまの種類はお好みでどうぞ。
  • わざわざご親切に教えてくださりありがとうございました。

おさらい

ごまを塩水と一緒に入りつけてパチパチいわせる。

14/02/04



ページトップへ
* *