メニュー


ほねむし

ほねむし

路地裏の料理屋さんで、品書きを眺めるなり飛び込んできた文字は「ほねむし」でした。

ハテ初めて聞く言葉です、ほねむしなんて。 すかさず注文してみると、出てきて納得この骨を蒸してるんですね。

鯛のカシラに塩をふる

まったく知りませんでしたけど、伝統ある調理法なんですって骨蒸し。

その骨とはつまり、のカシラでありまして、これを縦半分に割ったものへ塩をパラリと振りかけ、2時間寝かせます。


お湯をかける

時間がきたら、熱湯をカシラの上から回しかけます。 瞬間ピンと、胸ビレが立ちあがるでしょう。 そうしましたら、流水で洗い、ウロコ等を掃除します。


昆布だし

昆布だしを火にかけて、みりんに塩少々を加えてひと煮たちさせます。


蒸す

蒸す

あとは器にカシラを置いて汁を張り、蒸し器に入れて15分強火で蒸すだけです。

もみじおろしをたっぷり添えて、ポン酢でいただきます。


レシピのツボ

  • 潮汁よりクリアな風味です。

ひとこと

FirefoxよりもChromeのほうがフォントが美しいのは何故?


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

16/07/14



ページトップへ
* *