メニュー

ぷちぐるtop / 調理器具 / ヨーグルティア

APIX ドライフードメーカー で干し野菜生活

APIX ドライフードメーカー で干し野菜生活

乾燥は、最古にしていちばんシンプルな、食品保存方法です。

濃縮された旨味は素材そのものを楽しむだけでなく、豊かなエキスさえ醸し出してくれます。

干す事こそ乾燥の一番簡単な方法ですが、いつも晴れとはかぎりませんよね。

そんな時に活躍するのがこのマシンです!

レードル

APIX ドライフードメーカー

出先でたまたまフードドライヤーを目にしまして、気になって検索した後決めたのがAPIXのものでした。

トレイは5枚で、リンゴ一個を輪切りにして干すならば、1.5枚分のトレイが必要です。

リンゴ、トマト、シイタケにダイコン。 思いのまま乾燥させるのです。


レードル

保存の際は、積み上げたトレイを90度ずつ回転させて積んでいくと、高さが減って保管の際場所をとりません。

  • サイズ:幅28×奥行き28×高さ22〜25cm
  • 重量:2.4kg
  • 1時間あたりの電気代目安:約5.5円

レードル

乾燥させる

素材を適度に切り分けたらトレイに広げ、本体前面の電源ボタンを押すだけです。 押す度に乾燥時間が2時間単位で設定できます。


動作音 54db:気になりませんでしたよ

レードル

今回干したのはトマトにリンゴ、シイタケで、8時間でカラッカラとなりました。

トマトは天日で干すよりもくまなく乾燥し、椎茸からは素晴らしいだしを抽出できました。


ドライフードメーカーでドライトマト

一度かじれば干し野菜のとりことなってしまいます!



調理のツボ

  • りんごはカラカラになってもほっとくと湿気てきますので、乾燥空間にて保存ください、メチャ旨ですよ。

ひとこと

フードドライヤーで干野菜無双と化す。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

18/01/23



ページトップへ
* *