メニュー

ぷちぐるtop / 調理器具 / ヨーグルティア

ヨーグルティア

ヨーグルティア

ウチでは毎日ヨーグルトを果物にかけて食べるならわしなんですよ。

ところが愛用していたフジッコさんのカスピ海ヨーグルトが、ある日市場から忽然と姿を消したではありませんか(詳細)!

大いに困ったところ、偶然アマゾンで見かけたのが、本機だったのです。

レードル

自家製ヨーグルト

作り方はチョー簡単です。 付属の容器を消毒し、そこへヨーグルトを100g入れます。

容器には100g単位で目盛がありますから、ハカリを持ち出す必要はありません。


レードル

そこへ開封したての牛乳を200ml注ぎまして、


レードル

丹念にかき混ぜるのですグルグル。


レードル

その後残りの牛乳を全部入れて、またしっかりと、かき混ぜます。 ヨーグルト100gと、牛乳1000mlがすっぽり納まる容量の器なのです。


レードル

あとは容器のフタをしっかり閉めて、いざヨーグルティアへ、セットします。 タイマー / 温度とある部分の上下にある矢印を押して温度設定を行います。

タイマー / 温度ボタンを押すごとに、動作時間、保持温度の設定へ切り替わります。

今回カスピ海ヨーグルトなので、説明書にある通り、27℃でやってみましたがいっこうにヨーグルト然と固まる気配がなかったので、40℃に設定しています。


レードル

ウチではいつも、8時間作動するよう設定します。 これも環境や作りたいヨーグルトによっては違ってくるでしょう、説明書に各種作り方が記されてあります。


レードル

設定がすんだらスタートボタンを押すだけです。


レードル

ランプが点灯し、時間表示がカウントダウンされていきます。


レードル

さて8時間が経ちました。 いざフタを開くと・・・固まってるじゃありませんか! 何気に嬉しい瞬間です。


レードル

すくい上げてみると・・・カンペキヨーグルトですねこれは! 風味もバツグンであります。




ヨーグルティアのツボ

  • 公式サイト
  • ヨーグルティア本体と内容器2つ、専用スプーン、ヨーグルトレシピがセットになっています。
  • 清潔な環境で作りましょう。

おさらい

ヨーグルティアにてヨーグルト無双と化す。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

16/02/04



ページトップへ
* *