メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 汁物 / ガスパチョ

ガスパチョ

ガスパチョ

気が付いたらもう9月になっていました。  できることならば今回のガスパチョは真夏に紹介したかったメニューになりますけれど、 いつ、いかなる時に飲んでもしっくりくると個人的には感じています。

トマトを焼く

トマトの直火むき

まずは下準備としましてトマトの皮をむいておきましょう。 トマトをフォークに突き刺して、直火で炙ると簡単です。  詳しくはトマトの湯むき、直火むき(皮のむき方)をごらんください。


赤ピーマンを焼く

赤ピーマンの直火むき

続いて赤ピーマンも同じように直火むきにしておきます。


赤ピーマンの皮をむく

トマトよりも若干長めに炙るとよくむけます。

※トマト、赤ピーマンともに皮をむかずそのまま用いる手法もあります。


ガスパチョの材料

ガスパチョの材料

トマト、赤ピーマンは用意できました。 さて、あとは何を入れましょうか。 キュウリタマネギセロリ等・・・ お好みの野菜を用意してみてください(各分量の割合はお好みでどうぞ)。

それぞれ細かく刻んでおいて、いくつかの野菜はトッピング用に、ほんの少しのけておいてください。


トマトジュースを加える

刻んだ野菜をボールに移しまして、生パン粉をさじ一杯ぐらい加えます。  上からトマトジュースを注ぎこみ、コショウを軽く振って、

赤でも白でも結構ですのでワインビネガーを少し注いでおきます。

※トマトジュースの分量はあとからいくらでも調整できますので、適当に入れておいてください。


すりニンニクを加える

追加素材

あとは材料をミキサーにかければもうガスパチョのできあがりです。 冷蔵庫で冷たく冷やして、のけておいた野菜の角切りをトッピングして食べます(今回はきゅうりと赤ピーマン)。  個人的な好みでは、ミキサーにかける前に、すりニンニクをひとかけら分入れておいて、食べる際にはオリーブオイルをたらします。

できることならば毎日でも飲みたいおいしいスープです。


ガスパチョのツボ

  • 一日おいたぐらいのほうが味がなじんでうまい。
  • タバスコをふったりしても美味。
  • 味の濃さや粘度はトマトジュースで調節を。
  • 塩もはじめは少なめに入れておくほうがよいです。 あとから調節すればよいですし。

おさらい

トマト、赤ピーマン、きゅうり、たまねぎ、セロリなどを角切りにし、トマトジュースを加えてミキサーにかける。 冷やして飲む。

09/09/08



ページトップへ
* *