メニュー


満足飯

満足飯

発作的に伊丹十三熱がおきます。

今まさにその真っ最中でありまして、片端からエッセイを読み直し、映画を観ながら暮しています。 こないだ入手したその名も『伊丹十三の本』に、 単行本未収録のエッセイがあって読みふけっていたところ見つけたのが、今回の満足飯です。

なんでも辻 嘉一さんの本にあったものを、伊丹流にアレンジしたものだとか。

黒ごまをする

黒ごま

黒ごまを煎って、すります。 この黒ごま、って所がいいですよね。


醤油にみりんをたす

漬けだれ

ごまを醤油みりんと合わせます。 これが漬けダレです。

※今回は煮きり醤油とゴマを合わせています。


鯛のサク

刺身にできる新鮮な鯛を用意します。


こす

これを小指の先ほどの大きさに角切りしまして、


鯛をゴマダレに漬ける

ゴマダレに漬けこみます。


30分置く

ざっくり混ぜて30分もおけば、鯛は、えも言われぬ色味を帯びるでしょう。


卵を落として崩す

食べる

これを食卓へ運ぶやいなや、卵黄を落としこみます。 すぐさまご飯を丼によそい、卵を崩しまぜながら、


満足飯を食べる

ご飯にまぶしては食べ、まぶしては食べ満足するのでした。 『どんなに自制しても、御飯を食べ過ぎてしまうのであります。』と伊丹さんは言います。


レシピのツボ

  • これは傑作ですね、もちろん酒の肴にもうってつけです。
  • もうひとつあったのが、ハマチ丼なるもので、ご飯の上にハマチの刺身をのせて、それにシジミ汁をかけ、刺身が白くなったところでネギ、ノリ、ワサビを駆使して食べる、というものでした。

おさらい

黒ゴマをすって醤油、みりんを合わせ、そこへ鯛の切り身を漬ける。 卵黄を落としてご飯にのせてかっ込む。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

14/02/22



ページトップへ
* *