めかぶのたたき

めかぶ

毎年春先になるとスーパーにめかぶが並ぶのを楽しみにしています。  ズルズルドロドロおいしいんですよ。

めかぶ

めかぶ

めかぶはわかめの生殖器です。 わかめの葉は葉状体といい、 味噌汁なんかに入れる例のヒラヒラした部分になります。  めかぶはその下にちょうど根っこのようにあります。

近くのスーパーでは春先になると、このメカブだけがパック詰めにされて売られます。 それを見かけると「ああ春が来たんだ」と感じます。


洗う

まずはメカブをざっと水洗いしまして、


切り分ける

ヒダヒダの葉の部分と茎に分けます。 茎は別途のけておいてください。


茹でる

茹でる

葉を沸き立つ熱湯に放り込むと、一瞬にして鮮やかな緑色に変わります。 そうそう、この色なんです。


叩く

メカブをひとつつまんでみて、ちょうどよい茹で加減だと感じたらザルにあけて水気を切り、しばらく熱を冷まします。

そしてまな板にめかぶを盛り、包丁でトントンとネバリが強くなるまで細かく叩くわけです。

「これぞまさに海の納豆!」とよんでも過言ではなくなった頃、 器にメカブを盛りつけ、鰹節にワサビをそえて、上からポン酢をかけます。 これがページトップの画像、「めかぶのたたき」になります。  もう毎日食べたいぐらい美味しいものです。

※めかぶにかけるものは醤油でも何でもお好みで結構です。


めかぶごはん

めかぶごはん

ネバネバのめかぶを炊きたてのご飯にかけて、卵黄を乗せ、醤油をかけまわせばメカブご飯になります。


ズルネバ

麦トロに勝るとも劣らないズルネバの傑作です。


茎ワカメの煮物

茎ワカメの煮物

先ほどのけておいたわかめの茎の部分は、さっと茹でてからしばらく水にさらした後、 塩昆布のように煮詰めると美味しいものです。

砂糖を入れて甘く仕上げるのも好きです。


葉ワカメのわさび醤油

葉ワカメのわさび醤油

メカブ同様、葉ワカメも売られています。 同じように茹でてから、ワサビ醤油でつまむとイケます。


塩わかめ

塩わかめ

葉わかめがあまってしまった場合、塩わかめにしておけばいつでもわかめを味わえます。

茹でたワカメの葉をざっと水洗いし、水気を切ってから塩をドサッと加えます。 よく混ぜ合わせてから重石をして一晩おきます。

翌朝になると水気がたっぷりとでているハズですからその水気をよく絞り込んでから、密閉し冷凍保存します。 使う際はザッと水洗いしてから使うか、塩気が多い場合はしばらく水に浸して塩抜きをします。



めかぶのツボ

  • 市場に出回るワカメのほとんどは養殖もの。
  • めかぶは成熟すると数十億もの胞子を放出する。
  • めかぶはわかめの生長点でもある。
  • メカブにはアルギン酸、フコイダン、ミネラル、ビタミンを多く含む。
  • めかぶ生長した若布(わかめ)の岩に着生した根の部分で、葉が厚く短いひだ状に集まったもの。 ここに胞子嚢ができる。
  • 和布蕪(めかぶら)根かぶともよばれる。
  • 保存食としてのわかめには、塩蔵わかめ、灰干しワカメ、板わかめ、糸わかめ、煮干しワカメなどがある。

おさらい

メカブを茹でて、叩いてから食べる。

09/03/27


Tweet @yes_oiをフォロー