メニュー


赤飯

赤飯

この前甘酒を作りまして、もち米が大量に余りました。  今回はそれを使って赤飯をこしらえます。 これでいつ何時お祝い事があっても大丈夫です。

米

使用する米はもち米うるち米(普通の米)を混ぜ合わせます。 このほうがおいしく炊けるからです。

今回うるち米2合、もち米3合をあわせました。 モチゴメは研いでから、たっぷりの水に一晩浸しておきます。 うるち米は、炊く2時間前ぐらいに洗ってから水につけておきます。


あずき

あずき

小豆(あずき)は前もって洗っておきます。 今回1/2カップ用いました。

※ささげを使っても結構です。


あずきを煮る

煮る

あずきを鍋に入れ、その3倍ぐらいの分量の水を注ぎ、点火します。


煮汁を捨てる

煮立ったら、事もあろうにその煮汁を捨ててしまいます。 


こ火にかける

そしてまた同じように水を張り、火にかけます。


煮汁をすてる

なんと、煮立ったら、またしても煮汁を捨ててしまいます。


煮込む

そしてまた同じように水を張り、今回ばかりは煮込みます。 弱火で30分ぐらい煮込みます。

煮えたら小豆をザルにあけて、煮汁は捨てずにとっておきます。


炊く

あとはお米を炊飯器に入れて、上から煮たあずきを散らし、少々を振ってから炊き込むだけです。

この際の水は、あずきの煮汁を用います。 米の分量に対して、あずきの煮汁が足りない場合は、水で割ります。

※今回5号の米(うるち米2+もち米3)を使っています。 水の分量は、炊飯器の目盛りを目安にしています。  土鍋で炊くのもオススメですよ。


赤飯の完成

炊きあがったら器に盛り、黒ゴマやごま塩(永平寺風和菓子屋風)を散らしていただきます。


赤飯

別名として炊きおこわ、赤ごはん、あずきめしともいいます。 お祝い事にはつきものです。


赤飯のツボ

  • せいろで蒸して作るのが本式です。
  • 赤みをつけたい時は炊く際に食紅を加えます。
  • 炊きおこわには南天の葉を添えたりします。 (南天は難を逃れるといわれます)
  • 炊きあがりを小分けにして冷凍しておくといつでも食べれます。

おさらい

あずきを茹でて、米とあわせて炊く。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

09/2/23



ページトップへ
* *