メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼き

ちゃんちゃん焼き

ずっと気になっていた北海道の郷土料理「ちゃんちゃん焼き」の製法を、食べ続けて何十年、地元のベテランに教えてもらう事ができました!

鮭の切り身

何はなくともまず鮭です。 北海道の漁師町では豪快に、鮭の半身を丸のまま用いますが、今回入手難でしたので切り身です。 生鮭を用いるのが普通ですが「何塩鮭でも気にすんな」との教えです。


野菜を用意する

野菜

野菜はキャベツもやしピーマン等が定番です。


鮭を焼く

焼く

鉄板を熱し、バターをたっぷりと引いてから、鮭の身を下にして安置します。 周囲に野菜を散りばめて、ジャンジャン炒めてまいります。

※興奮のあまり、画像では皮面から焼きはじめておりますが、身のほうから焼きます。


味噌だれ

味噌だれ

焼き上がりに近い頃、我が家秘伝の味噌だれを用意します。 赤味噌系に酒等加えてゆるめ、甘口の味噌だれを調合します。 北海道には「ちゃんちゃん焼きのタレ」が売ってるそうです。

ちなみに今回は、甜麺醤を日本酒で溶いたものを使用しました。

鮭をひっくり返して火が通った頃を見計らい、味噌だれを回しかければこれぞちゃんちゃん焼きです。


ちゃんちゃん焼きを食べる

食べる

鮭の身をほぐしては野菜と共につまみます。 もちろん酒の肴に最適ですが、ご飯のお供にも素敵です。 我が家では家族に食べつくされて、自分用にこしらえ直したほどの売れ行きでした。


レシピのツボ

  • 今回のレシピは北海道沿岸に済んでいる方に聞いたものです。 ちなみに内陸に住む人に会った際この話をしたら「そもそもちゃんちゃん焼きを食べる習慣がない」と言われました。
  • 「こんなちゃんちゃん焼きの作り方もあるぞ!」という話がありましたら是非勉強させてください!

おさらい

生鮭の半身を鉄板に鎮座し、周囲を野菜で取り囲んでからバター炒めする。 仕上げに味噌だれを回しかけて突つく。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

14/02/06



ページトップへ
* *