メニュー


焦がしバター

焦がしバター

ローストチキン鶏のワイン煮、 はたまたカツレツ等に焦がしバターは必須の存在です。

無塩バターを溶かす

焦がしバター

まずはフライパンを弱火にかけて十分熱しまして、そこへ無塩なバターを落とします。


塩胡椒をして焦がす

すぐに得も言われぬ芳香が立ち上るでしょう。 そこへすかさず塩、胡椒を振りこみまして、


レモン汁を搾る

絶えずフライパンを揺り動かしながらまんべんなくうっすらと、焦がしてまいります。

仕上げにレモン汁を少々たらしこみ、


パセリを加える

パセリを散らして火を止めます。 熱々を料理に「ジョワッ」とかけるのでした。


レモンバターソース

レモンバターソース

鍋にバターとレモン汁、スープに酒を入れて火にかけ、塩、胡椒で調味した後水溶き片栗粉でトロミをつけます。

あらゆる西洋料理によく合うソースです。

焦がしバターのツボ

  • 焦がす程度はお好みです。
  • 焦がしバターをブール・ノワゼットと言います。

おさらい

焦がしバターを西洋料理に活用する。


14/12/16



ページトップへ
* *