メニュー

ぷちぐるtop / 調理の基本 / 調理の基本2 / 昆布だしのとり方

昆布だしのとり方

昆布だしのとり方

実は昆布を浸しておくだけでもダシになります。 

昆布

昆布

昆布を水に浸して一晩置きます。  次の日昆布を引き上げて、使う際に火を入れると完成です。 その後さらに昆布を追加すると、濃厚な出汁になります。


昆布だし

ひとくち飲めば、体中に行き渡る禅味を感じます。


昆布水

昆布水の作り方

ミネラルウォーターに昆布を浸して冷蔵庫で一晩置きます。 これぞ昆布水!で、そのまま飲めば高血圧予防になるといわれます。  梅干と合わせるとスッキリです。

オイはもっぱら、二日酔いの朝に飲んでいます。


レシピのツボ

  • 精進だし : 動物性の生臭いものは一切使わず、野菜の香味を活かして取るだし汁のことです。 昆布、大豆、かんぴょう、シイタケ等を水に浸し、一晩置いてこします。
  • かつおだしのとりかたはこちら→出汁(ダシ)のとり方
  • 煮干しだしのとりかたはこちら→煮干しだしのとり方

おさらい

昆布を水に浸しておき、上品なだしをとる。


15/12/22



ページトップへ
* *