メニュー


味噌焼き

味噌焼き

日本酒の美味しいお店でよく出会うのが「味噌焼き」です。

しゃもじのヘッドに味噌を塗って焼いてあるだけなのですが、これがまたしみじみ好相性なんですね酒と。

しゃもじ

しゃもじ

味噌焼きといえばしゃもじです。 でもなんでしゃもじなんでしょう? 正式ないわれがあるのかもしれませんがそれはまあ置いといて、 味噌焼くには便利ですよねしゃもじ。 持ち手もあるし、程よい大きさですし。

もちろん木製のしゃもじを用意しますが、100円ショップにいくらでも置いてあると思います。 味噌焼きをはじめるにあたり、 真新しい白々したしゃもじでは格好がつきませんので、はじめて使う際はあらかじめオーブントースターでしゃもじだけを焼いて良い色にしておきたいところです。


味噌を合わせる

味噌

お好みのものを用意します。 単に味噌のみをしゃもじに塗りつけて焼くのが「真の通人」っぽくて、塩なめながら一杯呑んでる並のカッコよさがありますが、それでは芸がありませんからひと工夫を。

味噌に砂糖を多めに加えて練り合わせます。 焼くと水気が飛んで味噌は塩辛味を増しますので、甘味で和らげるのです。  今回さらにすり生姜を忍ばせて胡麻油をたらし、砕いたカシューナッツを練りこんでいます。 焼酎との相性も考えたのです。


しゃもじに味噌を塗る

味噌を塗る

サッと水で濡らして水気をふいたしゃもじへ、味噌を塗りつけます。 お店で味噌焼きをつまんでいて「もっとテンコ盛りにしてくれりゃガバガバ飲めるのに・・・」と思ったこともありましたが、 これは何も味噌をケチっているわけではなく、程よい焼き加減に仕上がるように考慮されたものです。

しゃもじのヘッドへ、薄く均一に味噌を塗りつけます。


焼く

焼く

あとはオーブントースターで美しい焦げ目がつくまで焼きあげるだけです。 時折中を覗きながら焼くと失敗しません。


味噌焼きのツボ

  • 「焼き味噌」とも呼ばれます。
  • 味噌とネギを合わせるのもイケます。
  • 蕎麦の実入りの焼き味噌を喰ったことがあります。
  • 直火でバチバチ焼くという方法もあります。

おさらい

味噌を好みに調合し、しゃもじに塗って焼く。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

13/03/26



ページトップへ
* *