メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / ネギのグラタン

ネギのグラタン

ネギのグラタン酒飲みのためのグラタン

グラタンなんかで飲めるか!」

そんなお父さんの声で現れたのが本グラタンです。 口に合ったら今度は逆に、お母さんへ作ってあげてみてください。 呑まない人でも、思わず目がウルむ美味しさです。

ネギ

ネギ

長ネギを三本用意します。 そして青い部分は切り離し、今回は白い所だけを用いる贅沢仕様です。

下仁田ネギがあればサイコウです。


ネギを敷く

「三本」といいましたがとくに決まってなく、盛り付ける器に切ったネギをあらかじめ並べてみて、くまなく敷き詰められたらそれが適した分量です。


ネギをゆでる

下茹で

焼く前に、ネギを一瞬、10秒ほど下茹でします。 とあたかもネギだけ茹でてるように書きましたが、実はネギの下にはアサリが並んでおり、ヒタヒタの湯でアサリ1パックを煮ている所へネギを放り込み、 10秒たったらネギだけ引き上げる、という風にしたいんです。

アサリはアサリで10粒ほどのむき身と、ショットグラス一杯の煮汁を拝借し、残りはその他の調理に活用します。


即席ホワイトソース

ホワイトソース

作りおきがあれば良いんですけどね、無いなら無いでカンタンです。 鍋にオリーブ油を一杯たらして小麦粉を大さじ2、 牛乳を同じく大さじ2杯加えてこねるんです。 はいこれで即席ホワイトソースです。


味噌を加える

味噌

ホワイトソースに、味噌を大さじ一杯練り入れるから飲めるんです。 味噌の種類は問いません、どれでも美味しく作れます。


器に入れる

焼く

あとは器にネギとアサリを並べ、上からホワイトソースを流します。 もしもソースが固くて流しにくい時は、アサリの煮汁をもう少し拝借してのばします。


焼く

最後に上から粉チーズでも振り、250度のオーブンで15分焼けば完成です。  理想的な状態は、普通のグラタンっぽくモッタリするのではなく、どちらかというとサラサラした口当たりのゆるいソースが喜ぶハズです呑んべえは。

※調味は胡椒を焼いた後から振る感じが合わせやすいです。


ネギのグラタンのツボ

  • ついトロけるチーズとか入れたくなりますけど、するとネギの醍醐味が楽しめません。
  • ネギをせん切りにする、というテもあります。

おさらい

ネギに特化したグラタンをこしらえひたすら飲む。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/06/29



ページトップへ
* *