メニュー

ぷちぐるtop / 調理の基本 / オイスターソースの作り方

オイスターソース

オイスターソースの作り方

オイスターソースは、干しガキから作ります。  こう書くと、まるで干し柿を原料にしているかのようですが、カキはカキでも、「牡蠣」のほうのカキです。  オイシター・ソース作りは、まず始めに干し牡蠣を作ることから始めるわけです。

牡蠣を煮る

干し牡蠣作り

生牡蠣を買ってきて、少々を加えた湯で煮ます。  あくまでもサッと煮る程度です。


串刺し

茹でてプックリとしたカキの水気をよくとって、ちょうど丸印の貝柱付近に、 串を通します。 都合よく穴があるんですよ。


干す

串刺しにしたカキの身の、両面に軽くを振って、陰干しします。  干し加減はお好みなんですが、今回天気の良い日に2、3日干してみました。


干し牡蠣

干し牡蠣の出来上がり。 表面にうっすらと牡蠣のエキスがにじんでいます。  オイスターソース作り以外にも、水で戻して蒸し揚げて、 両面を焼いて醤油で味付けして食べたりしても美味です。 保存する場合は冷凍もできます。


戻す

オイスターソース作り

干しカキを軽く水洗いして、水に浸して一日おきます。


蒸す

浸しておいたカキに、ネギと叩き潰したショウガを加えて、 じっくり4時間程度蒸します。


醤油、砂糖を加える

カキのエキスが染み出たスープを布でこして、砂糖醤油を加えます。


水溶き片栗粉を加える

しばらく煮た後、水溶き片栗粉を回しいれます。


完成

仕上げに胡麻油を回しいれて、オイスターソースのできあがり。


牡蠣のオイスターソース焼き

牡蠣のオイスターソース焼き

生牡蠣に胡椒、酒、醤油で下味をつけておいて、 胡麻油をひいた鍋で両面をこんがりと焼きます。 仕上げにオイスターソースをたらし、 小ネギを散らして完成。 ニンニクスライスを投入してもよいです。


牡蠣つながり


オイスターソースのツボ

  • 干し牡蠣は中華食材店で購入可能。
  • 冷蔵庫で5日は保存できた実績があります。

おさらい

干し牡蠣を戻して、ネギ、ショウガを加えて蒸す。 戻し汁に、醤油、砂糖、片栗粉、胡麻油を加えて煮ると、出来上がり。

06/12/04



ページトップへ
* *