ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰め

晩酌していると息子がランドセルをかかえて走ってきました。

中から取り出したのは・・・宿題!ではなくて、2つのピーマンでした。 小学校の生徒みんなで育てているものだといいます。  手に取ると、見かけ以上にズシリと重く、張りがあります。

見つめているうちに、おもわずかじりついてしまいました。  市販されているピーマンの倍以上はあろうかという肉の厚みで、 たしかにピーマンの味がしますが、まるでフルーツのような自然の甘みがあります。  「こんなピーマンだったら、嫌いな子供も減るんじゃなかろうか」と思いながら、ヘタを残して完食してしまったのでした。

「ピーマンの丸かじりとは!せっかく育てたのに何すんねん!ちゃんと調理してよ・・・」という顔で息子が見ていたので、同じようにかじらせてみました。  やはり彼も「甘い」と完食してしまいました。

さて、息子はこのごろ週一のペースでピーマンを2個持ち帰ってきます。 大収穫なのでしょうきっと。 だって生徒一人につき2個のピーマンといっても、 それが何十人にもなれば膨大な量になりますからね。 しかも週一ペースなのですから。

チンジャオロースも作りましたしホイコーローも味わいました。  斯くなる上は、ピーマンの肉詰めしかありません。

ピーマンを割る

ピーマン

好きなだけピーマンを用意しまして、縦半分に切り分けます。 タネを丁寧に取り除いてください。


小麦粉を振る

小麦粉

切り分けたピーマンの内側に小麦粉を振っておくと、焼き上がりの際ピーマンから肉がはずれてしまう不具合を防止できます。


ひき肉

ひき肉

牛豚合い挽き、好みのひき肉をご用意ください。 ハンバーグのようにスパイスやら何やら振りこんでこねても結構ですし、 シンプルに塩、胡椒をするだけでも美味しく作れます。

ピーマンにつめる前に、ハンバーグを成型するときの要領でひき肉を手のひらに叩きつけて、中の空気を抜いておくと肉離れ防止に有効です。


青唐辛子の味噌漬け

ピーマンにつめる

小麦粉を振るっておいたピーマンに、ひき肉を詰めます。 ピーマンのヒダの入り具合によっては、思うように詰めにくい場合もありますが、少しずつひき肉を詰め、 ピーマン内をひき肉で一杯にしてください。

ピーマンを詰めた後、何度か手のひらに叩きつけてピーマンと肉を密着させてください。


焼く

焼く

鍋にバターを熱し、まずは肉側から焼きはじめます。 弱火でじっくり、焦げ目がつくまで焼いてください。


裏を焼く

裏も焼く

肉側が狐色に焼けた頃、ひっくり返してを振り、フタをして蒸し焼きにします。

食べる際はケチャップでもソースでもめんつゆでも何もつけなくても結構です。  お好みのものでどうぞ。 ちなみに今回は大根おろし+醤油を回しかけていただきました。  和、洋、中、どんな味つけも合います。



ピーマンの肉詰めのツボ

  • ひき肉の空気を抜く。
  • ピーマンの内側に小麦粉を振っておく。
  • 焼く際は肉面からどうぞ。
  • 西村淳『お料理なんでも相談室』を参考にしました。

おさらい

ピーマンを縦半分に切り、タネを除き、内側に小麦粉を振ってからひき肉を詰める。 空気を抜いて、肉面から焼き始める。 焦げ目がついたら裏返し、 酒を振りかけてフタをし、蒸し焼きにする。

10/11/11


Tweet @yes_oiをフォロー