メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / その他 / レーズンバター

レーズンバター

レーズンバター

よく行く地鶏屋の店主はメニューの創作に熱心で、地鶏屋らしからぬ一品に出会うことがしばしばです。

今回のレーズンバターも彼の新作で、 普通干しぶどうをブランデー等洋酒に漬けこんでおいたものとバターを練り合わせて作るものなのですが、 焼酎を使うんです。

レーズンを焼酎に漬けこむ

レーズンを焼酎に漬ける

レーズンを好みの焼酎に三日間漬けこみます。  店では赤霧島で、今回オイは芋麦米をブレンドし、酒樽で寝かせたオリジナル焼酎を用いました。


バターを湯せんする

バター

バターを湯せんして溶かします。 店では無塩バターを用いるそうですが、有塩バターでも大丈夫です。


レーズンとバターをあわせる

レーズンとバターをあわせる

汁気を切ったレーズンを器に入れ、溶かしバターを流しこみます。  レーズンとバターの割合はお好みで、ほとんどレーズンなバターなのか、バター多めなレーズンか、ご自由にどうぞ。

※残った焼酎はカレーの隠し味に使いました。  そういえばカレーの隠し味に何をつかいますか?という投票を行っております。 是非ご一票をどうぞ!


冷蔵庫で三日間安置

冷蔵庫で三日間安置します。 バターはごらんのように固まります。 器からはすんなりとはずれてくれるので、切り分けやすいものです。


つまむ

つまむ

レーズンバターをクラッカーにはさんでつまめば、酒の肴になるんです。 焼酎の風味が効いていて和食にも合います。

レーズンバターのツボ

  • バターレーズンもどうぞ!
  • バターを固いままレーズンと練り合わせてもよいかと思います。
  • 酒の種類を選ばないレーズンバターです。
  • ハツタレ焼酎など度数の高いものを使ったほうが旨いと思います。

おさらい

レーズンを焼酎に三日漬け込み、汁気を切手からバターとあわせ、三日寝かせる。


11/09/01



ページトップへ
* *