メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / 丸ごと魚のロースト

丸ごと魚のロースト

丸ごと魚のローストこれだけは覚えといてソンはない魚料理

魚を丸ごと焼きあげた、インパクト大な一皿です。 本格的な味なのに、作る工程はあっけなくカンタンです。 パーティー料理にもうってつけですよ!

イサキ

魚は何でも結構です。 ウロコをかいて、ワタを抜き、よく洗っておきます。 今回は長崎で今が旬の、イサキを使います。

小魚を用いる場合はズラリ並べて焼くと見栄えがするでしょうし、鯛など赤い魚を焼けば目に美しく絶賛されます。


魚とニンニク

オーブン皿にオリーブオイルをまんべんなく塗り、魚を横たえます。 軽く胡椒をして、 魚の周りには何かしらの香草(今回ローズマリーです)をドッサリ添え、「入れすぎ!」と指導受けるぐらいニンニクを皮つきのまま10粒ぐらい散らかします。

このニンニクが今回のツボです、20粒でも構いやしません大量に用いましょう。 魚の腹の中にも3つ程入れておきます。


魚を焼く

焼く

いざ焼きます。 250度で10分かそこら焼けば十分だと思われますが、魚の大きさや、オーブンの具合にもよりますから時折覗いては時間の調節お願いします。

焼き上がり表面の皮がはじけ破れてちょっと格好わるいなあと思う際は、あらかじめ魚の表面に切れ目を薄く入れておけば解決できると思いますけど、なに上からソースをかけますもの構いやしません。


酒で洗う

ソース作り

オーブン皿から魚とニンニクを盛り付け皿に移します。 焼けた香草は取り除き、空の皿へをコップ一杯たらします。  皿の上には魚の旨味やニンニクの香気が残っていますからね、それらを全部酒でからめとるつもりで皿上を酒で洗い、


ソースを煮る

それをフライパンへザルで濾しながら入れます。 火にかけて、トマト一個をざく切りして加え、レモン汁2に対してオリーブ油3を加える感じでたらしこみ、かすかなトロミがつくまで煮詰めます。

仕上げに胡椒で味を調整します。


ソースを魚にかける

アツアツのソースを魚の上からジャッとかけてはい出来上がり。 酒ください。


鯛兜のロースト

時には鯛のお頭で!


丸ごと魚のローストのツボ

  • 魚はよりも短時間で作れるからベンリです。  ほど小難しくもないし。
  • トマトは今回プチトマトを10個そのまま用いております。
  • 無論魚の切り身でも作れますが、魚ちゅうもんは丸ごと調理すると美味しさが激増します。
  • ニンニクも美味しく焼けてますので食ってください。

おさらい

魚を丸ごと豪快に書いてむさぼる。


15/06/17



ページトップへ
* *