メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / 酒粕グラタン

酒粕グラタン

酒粕グラタン続・酒飲み用グラタン

さかのぼる事半年前、酒飲み専用としてネギのグラタンを作りましたが、熱燗の恋しいこの季節になると、 何かもっとパンチあふれる肴が欲しくなりましてね、コレにたどり着きました。

ホワイトソース

酒粕ソース

グラタンといえばホワイトソースです。 小麦粉バター牛乳の割合を1:1:10でこねればすぐ作れますけどね、


酒粕を加える

ここへ酒粕を練りこみたかったのでした。 「さてどのくらい酒粕を加えるか?」 それこそ好みでありますが、 酒粕の割合が増えるほど、酒飲みはきっと喜ぶでしょう。 ちなみにオイは、ホワイトソースと酒粕を、4:6で合わせます。

酒粕の入る分、ソースは固くなりまして、そこを牛乳でゆるめるのです。


酒粕ソース

こんな感じですね。


ニラとエビを炒める

普通のグラタン的に鶏 + タマネギでもイケますが、オススメなのが魚介です。 特にエビカニタコイカアサリ、今の時期ですとカキ等も絶品でありますところ、好みの食材を用います。

シーフードミックスで仕込めば楽しいものですが、あえて魚介を単品で用いる所にロマンを感じております、ということで今回は殻付き海老ですね。 食べにくいのに、あえて殻付きを用いたのは単に気分です。

野菜はニラを使ってますが、これも好みで選びます。 エビとニラを、油を引いた鍋で、塩や胡椒を振りながら、火が通るまで炒めます。


具とソースを合わせる

炒め終えたら、酒粕ソースを合わせてこねくり回しますが、この際ソースが固くて合わせにくいようでしたら、さらに牛乳でのばします。


炙る

炙る

あとは器に流し入れ、上にトロけるチーズを散りばめまして、粉チーズでも振り、ガスバーナーで表面を炙るんですそう、オーブンでは焼かないんですね。  何故かというと、作ってすぐにつまみたいからです、酒飲みは気が短いんです。


酒粕グラタンを食べる

さじですくってはつまみ、酒をチビチビ呑んではつまみます。


レシピのツボ

  • 無論、250度のオーブンで10分焼いたってかまいません。

おさらい

酒粕だらけのグラタンをこしらえひたすら飲む。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/11/15



ページトップへ
* *