メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 煮物 / キャベツの塩漬けと豚肉の煮込み

キャベツの塩漬けと豚肉の煮込み

キャベツの塩漬けと豚肉の煮込み

ひと月ほど前にとあるお宅でごちそうしていただいたアイスバインとザワークラウトの煮込みがとても美味しかったので、 それをマネして作ってみることにしました。

キャベツの塩漬け

キャベツの塩漬け

ザワークラウトは「ドイツの漬物」です。 キャベツを薄塩で仕込んで、乳酸発酵させたすっぱい漬物のことです。

市販されておりますが、今回すぐに入手できなかったので、手作りすることにしました。

固くでゴワッとしたキャベツをせん切りにして、塩漬けします。 ちょうど白菜漬けの要領です。  漬けてから1週間ぐらいほったらかしておくと、白菜の古漬けのように酸味がでてきます。

※ザワークラウトをフランスではシュークルートといいます。 フランスのシュープランという固いキャベツで作ります。  手作りする場合、酸味がでるまでの期間は季節によって前後すると思います(三日仕込の自家製ザワークラウト)。


塩豚

アイスバイン

アイスバインは豚すね肉の塩漬けです。 ハム売り場に置いてあると思いますが、今回すぐに入手できなかったので、 塩豚塩豚2) とスペアリブで代用しました。

ベーコンの塊で作るのもオススメです。 豚足もアリです。


タマネギの千切り

タマネギ

あらかじめタマネギを好きなだけせん切りにしておきます。


タマネギを炒める

炒める

バターを溶かした大鍋で、タマネギスライスを一瞬炒めまして・・・

※お好みでニンニクを加えたりしてください。


煮込む

煮る

水を張り、塩豚とスペアリブ、キャベツの塩漬けを加えます。 強火にかけて、沸騰したら弱火でコトコト煮込みます。


味付け

味付け

胡椒をパラパラ振っておきます。 加えて今回は日本酒を少々たらしました。 仕上げにもう一度味を調えるので、しっかりと味付けする必要はありません。

グツグツと、肉がホロホロになるまで煮込みます。 ちなみに今回、3時間煮込みました。


ソーセージ

ソーセージ

肉が柔らかくなった頃、ソーセージを加てひと煮します。 塩、胡椒で味の最終調整をし、できあがりです。

器にとりわけてから頂きます。


以上キャベツの塩漬けと豚肉の煮込みでした。 ていうかこれ、まんまポトフですね。  今回あまったスープは翌日インスタントラーメンを煮込む際に使いました。 有無を言わせぬ旨さに仕上がります。 煮込んだ塩豚はからしを塗って酒肴にしました。 キャベツの塩漬けは、 煮込んでいる最中まさに「漬物を煮ている香り」が立ちこめ変な気分だったのですが、いざ完成したものをつまんでみると、酸味が抜けておりました。 ということは、 スープに心地よい酸味が移ったのかといえばそうにあらず。 酸味はどこへ行ってしまったのでしょうか。


キャベツの塩漬けと豚肉の煮込みのツボ

  • ザワークラウトはドイツの漬物。 キャベツを薄塩で仕込み、発酵させたもの。
  • アイスバインは塩漬けの豚の足。
  • アイスバインは、塩漬け豚足を煮込んだ料理自体のことも指す模様。

おさらい

塩漬けキャベツと塩漬け豚肉を一緒にグツグツ煮込む。 塩、胡椒で調味。 仕上げにソーセージを加える。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

10/12/27



ページトップへ
* *