メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / ごはん系 / シーフードカレー

シーフードカレー

シーフードカレー海鮮エキス満載!

せっかく水産県に住んでおきながら、シーフードカレー作んないのもったいねー。

と思い立ちましてここにご案内いたします。 せっかく世界有数の水産国に住んでるんですもの、大いにシーフードカレーを楽しみましょう!

芝エビ

エビ

シーフードカレーといえばエビです。 今回芝エビ(30尾)という小っこいエビを使いましたが、エビでしたら何でも構いません、是非殻付きを入手ください。


牛乳で煮る

エビの殻をむき、身を牛乳(100g)で火が通るまで煮ます。

冷ましてから、エビと牛乳を分けておきます。


殻をつぶす

エビの殻はヒタヒタの油を引いて弱火20分焼きまして、その後すり鉢に移し、オリーブオイル(大さじ2)をたらしてよく潰します。


エビエキス

潰した殻をやや冷まし、ギュッと絞ればエビエキスあふれるエビ油が抽出できます。 今回のカレーで手間なのはこれぐらいです。

カレーの仕上げに使います。


貝を煮る

貝の旨味に期待せにゃ、美味しいカレーはできません。 何かしらの貝を1パック用意し、ヒタヒタの水で口が開くまで火にかけます。

今回はシジミを用いておりまして、これは旨味エキスの強さから動員しておる次第です。 食べ応えを優先するならば、アサリや牡蠣が向くでしょう。

煮た後は、チマチマ貝から身をはずしておきます。


タマネギを炒める

タマネギ

タマネギ(3個)を用意して、切った後オリーブ油(大さじ2)で炒めます。 この際刻んだニンニク(3カケラ分)も一緒に加えます。


小麦粉を入れる

タマネギがやや色づいたところで、小麦粉(大さじ3)を加えてよく炒め合わせます。


カレー粉を入れる

カレー粉

続いてカレー粉(大さじ2〜)を加え、さらに炒め合わせます、うーん良い薫り。


しじみ汁を加える

ここでシジミの煮汁と、


牛乳を加える

エビを煮た牛乳を加えまして、弱火で30分煮込みます。


調味する

味付は(10g)と砂糖(小さじ1)でカンタンに済ませるのが美味しさのヒケツです。


エビと貝を加える

最後にしじみとエビのむき身を加えてザックリ合わせればハイ、シーフードカレーのできあがり!


エビエキスをたらす

器によそい、食べる直前にかのエビエキスをたらしこみます。


シーフードカレーを食べる

さてこのカレー、あくまでも今回基本を作ったまでであり、実はメインの食材を投入しておりません。 たとえばこれに輪切りのイカをドサリと加えたり、 網焼きしたサバシャケをトッピングしたりすると見栄えもし又、我が家オリジナルのシーフードカレー!となります。 楽しんでください!


シーフードカレーのツボ

  • エビも貝も、殻付きのままカレーにしたほうが見栄えがしますが方々より「食べにくい」と苦情がきます。
  • たとえばこのカレーに、スルメ干し貝柱の煮汁をプラスすると素晴らしいカレーになるのですが、美味しすぎると人は飽きます。 だから使わなかったまでです。
  • サフランを加えるとプロっぽく仕上がります。

おさらい

エビと貝の力を活用して、シーフードカレーをこしらえる。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/07/09



ページトップへ
* *