メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼物 / 舌びらめのムニエル

舌びらめのムニエル

舌びらめのムニエル

舌びらめの事が不憫でなりません。

その独特の姿でまずソンしており、どう調理して良いのかもよくワカランから「ムニエルにどうぞ!」なんて立札されて店先に並んでいても誰も買わないんです。

結果二束三文のたたき売りされいる事がままあり、そこを目がけてはドッサリ購入し、ムニエルで堪能するのでした。

舌平目

舌ビラメのおろし方

まずはこの薄い、特異な体を身と骨に分けにゃなりません。


皮をむく

首のうしろ、赤線の部分へ薄く包丁を入れ、塩をまぶした指先で薄皮の端をつまみこみ、尾側へ一気に引き下げます。 すると楽に皮は、はがれてしまいます。 裏側も同じです。

皮をはいだあとは赤線部分で頭を落とし、ワタもきれいに掃除します。


おろす

目のあった側を上にして、ちょうど中骨にそって包丁を入れます。 以降ヒラメのおろし方その2と同じ進め方になりますが、

中骨を起点に何度も骨にそって外側へ包丁を入れてまいります。 中骨から身を観音開きにしていくイメージです。


おろしていく

こんな感じですね。


舌平目の身

結果、身を五枚におろすことができました。


牛乳に浸す

身をしばらく牛乳に浸して臭みを抜き、その後水気をふいて胡椒を振ります。

今回魚体が小さいので、身をぶつ切りにして焼いちゃいます。


小麦粉をはたく

小麦粉をはたいてから、


バターで焼く

焼く

バターでカリカリに焼くだけです。

何ちゅうんでしょう、ヒラメとも似る身の質感ですが、それより旨味が濃く、青魚的風味も遠くで感じ取れる独特の美味しさです。


レシピのツボ

  • そもそも名前が舌びらめ、てナンすか。 しかもウシノシタ科てナンすか。 英名でsoleて・・・応援しているぞ舌平目!

おさらい

舌平目を華麗にムニエるのだった。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/10/11



ページトップへ
* *