メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 麺類 / スパゲッティのゆで方

スパゲッティのゆで方

スパゲッティのゆで方

普段何気に調理しているスパゲッティも、上手に茹でることでグンと美味しさがアップします。  「スパゲティの味はゆで方で決まる」といっても過言ではありません。

湯に塩を加える

家一番の大鍋を引っ張り出してきて湯を沸かします。

沸いたら塩を加え、混ぜ溶きます。 茹で湯はスパゲッティの10倍塩は湯の1パーセント加えるのが目安です。  スパゲッティが100グラムならば、お湯は1リットル、塩は10グラムということになります。

※茹で湯に塩を入れるのは、パスタをひきしめ、粉臭みを除き、かるく塩味をつける意味があります。


スパゲッティ投入

スパゲッティ投入

グラグラ沸いている熱湯に、スパゲッティを投入します。  スパゲッティの束を軽く絞り、湯の上でパッと離せば、放射状に広がりますが、広がらなくてもかまいません。 火加減は、終始強火でお願いします。


箸でかき混ぜる

スパゲッティを加えるやいなや、すぐに菜箸でかきまわします。 スパゲッティ同士がくっつかないように、2、3分の間は様子を見ながら時折箸で軽くまぜます。


茹で加減をみる

スパゲッティの茹で時間は、種類によっても多少違ってきます。 おおよそ7、8分茹でてみたところで一本つまみあげて、食べてみます。

好みにもよりますが、やや芯が残るぐらいの茹で加減が、かの有名な「アルデンテ」です。


ザルにあける

ザルにあける

茹で上がったらザルにあげ、よく水を切ります。 間違っても水洗いしてはいけません。 茹で湯は少し残しておいて、 煮詰まったソースをのばす際などに用います。


さて茹であがりました。 あとはお好みのスパゲッティでお楽しみください。 茹でたてのスパゲッティがすぐにあえられるよう、 ソースの仕上がりにパスタの茹で上がりをあわせるのがコツです。


スパゲッティの食べ方

伊丹十三さんの『ヨーロッパ退屈日記』にこうありました。

  • まずフォークで皿の上のスパゲッティの一部を押しのけて、タバコの箱ぐらいのスペースを作る。
  • 7、8本のスパゲッティをフォークに引っかける。
  • フォークの先を軽く皿に押し当てて、そのまま時計回りに静かに巻く。 巻いている間、フォークの先を皿から離さない。
  • 紡錘形に巻きあがったスパゲッティを静かに口に運ぶ。

スパゲッティ料理


スパゲッティのゆで方のツボ

  • 茹でている途中でさし水はしません。
  • 茹でている最中にフタはしません。
  • スパゲッティをくたくたに茹でてしまっては台無しです。

おさらい

スパゲッティを上手に茹でて、美味しく食べる。

11/09/16



ページトップへ
* *