メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 菓子 / 昭和なノスタルジックかき氷「すい」

昭和なノスタルジックかき氷「すい」

昭和なノスタルジックかき氷「すい」

そろそろかき氷器を引っ張りださねばなりません、なにしろ梅雨明け前なのに30度超えてますからね汗。

古き良き時代のかき氷は、こんなシンプルなものでした。

氷を削る

すい

氷をカンナに乗せて削ったものに、砂糖のみつだけをかけたものが氷水、すなわち「すい」と呼ばれる氷でした。


あずきのかき氷も

当時からあずきや、


レモンのかき氷も

レモン、


いちごのかき氷も昔からあった

いちごのかき氷はありましたけど、何といっても「すい」がいちばんでした。

質素なガラス容器に氷を盛り、ペラペラの匙を添えて出せば、気分はまさに昭和です。


レシピのツボ

  • 氷は機械で削るよりも自らの手でカンナに当てて、ジャリジャリするほうが当然旨いもんです。

ひとこと

池田弥三郎さんの『私の食物誌』よりお届けしました。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

18/06/25



*