メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 煮物 / タケノコのヌラ煮

手羽先の甘辛煮

タケノコのヌラ煮

この春もタケノコをよく食べました。 しみじみ旨いものですタケノコって。

タケノコを食べるとなると、薄味の調理が多いものですが、今日はコッテコテ煮込んでみたいと思います。

手羽先

手羽先

タケノコを煮ると言っておきながら、どうして冒頭の画像は手羽先の煮つけなのでしょうか?

それは今回、手羽先の煮汁を使ってタケノコを煮るからなのです。

手羽先を変哲もなく醤油みりん砂糖でトロリと煮つけたものは、我が家で定番のそうざいです。

煮る時間は最低30分、あとは気のすむまで煮ればよいものです。

つまむと手羽肉は骨からズルリとはずれ、心地よい甘辛風味が広がります。 特筆すべきは皮の旨さ。 ウチの子供たちは何本も平らげます。

そして手羽先を食べ終わった後に残るのが、今回活躍してもらう煮汁なんです。


手羽先の煮汁

煮汁

手羽先を煮た鍋には、鶏の油が美しくきらめく煮汁が残っているハズなのです。 この甘辛汁には、鶏の旨味がモロにじみ出ているわけですからね、捨ててしまうなんてもってのほか、活用しないテはないのです。

今回「タケノコのヌラ煮」と銘打ちましたが、実はタケノコである必要もなく、とにかく「手羽先の煮汁で何かを煮たらすごく旨いよ!」ということを言いたかったのでした。 ヌラ煮とは、 素材をコッテリ表面がテカるまで煮たものを指しています。


タケノコを煮る

タケノコを煮る

それでは早速タケノコを煮ていきます。 今回は水煮を使っているので、切り分けでそのまま煮汁に放り込み、煮つければよいだけの話なのですが、 丸のままのタケノコの場合、タケノコの茹で方タケノコの竹林焼きを参考に、 アク抜きをしておきます。


タケノコを煮詰める

あとはコトコト煮詰まるまで煮続ければもうそれだけでよいのですが、もしも手羽先の煮汁が元々少ない場合は醤油とみりんを継ぎ足しておきます。

ちょうどぶり大根のように、途中から鍋に煮汁だけを残して煮詰め、トロリとしたところで器のタケノコにかける、という方法でもいけます。


タケノコのヌラ煮

ヌラ煮の完成

さりげなく食卓に置いておくとつい手が伸びてしまい、いつの間にか消えてしまう一品です。

特にタケノコにこだわることもありませんので、是非手羽先の煮汁を使ってヌラ煮を作ってみてください。


タケノコのヌラ煮のツボ

  • はじめから手羽先とタケノコを一緒に煮込めばよいいではないか、とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的に手羽先の煮つけは一本で味が完成していると思いますし、 「単なるタケノコの煮物と思っていたら何と、別次元の旨味!」と、口にする人の驚く姿が楽しいんです。
  • ナスや大根、ジャガイモ等をヌラ煮にするのが好きです。
  • 煮汁に茹でたそうめんを放り込んでからめ、「手羽そうめん」にするのもおすすめです。
  • あらかじめ煮汁多めで手羽先を仕込むとよいです。

おさらい

手羽先を甘辛くにて食べ、残った煮汁でヌラ煮を作る。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

12/05/19



ページトップへ
* *