メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 汁物 / 吉野仕立ての卵汁

吉野仕立ての卵汁

吉野仕立ての卵汁

卵汁は子供たちの大好きな汁物です。 簡単に作れてしまうので頻繁に食卓へ上がります。  時には和風で。又時には中華風に仕上げて楽しんでおります。

かつおだし

出汁

まずは念入りにだしを抽出してください。  今回は削りたての鰹節をドッサリと用いておりますが、 トリガラスープで中華風に仕立てるのも美味しいものです (例:厨師考試)。


醤油であじつけ

味付け

だしに、薄口醤油みりん少々で味付けをします。


水溶き片栗粉をたらす

片栗粉

それから水溶き片栗粉を回しいれ、全体に心地よいトロミをつけましょう。  そう、吉野仕立てとはすまし汁にくずをひいたものを指すのです。


卵をたらす

汁の中へ、糸のように溶き卵を流しこみます。 この際穴じゃくしがあれば便利ではありますが、なに菜箸の先からツラツラたらせば問題ございません。


しょうが汁をしぼる

しょうが汁

汁を器に注ぎ、好みでショウガ汁をたらしこみます。 これにておいしい卵汁のできあがりです。


吉野仕立ての卵汁のツボ

  • あまった卵汁は味を濃い目に再調整して豚肉でも放り込み、煮詰めてしまうと素敵なあんかけになります。 これをアツアツのご飯にかければ激ウマ卵丼になります。  胡麻油と酢を足せば立派な中華丼です。
  • お好みの吸い口でどうぞ。
  • いわゆるかき玉汁です。 掻玉(かきたま)とは吸い物の中に割りほぐした卵を流しいれたものです。

おさらい

だしに醤油、塩、みりんで味をつけ、水溶き片栗粉でトロミをつける。 溶き卵を流し込み、器に入れ、ショウガ汁をしぼりこむ。

10/02/26



ページトップへ
* *