メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / タンドーリチキン

タンドーリチキン

タンドーリチキン

毎回欠かさず見ていてよかったです「爆笑問題のニッポンの教養」。

ついこの前は「マジカルカレーツアー」というテーマでありまして、タンドーリチキンの作り方が紹介されていました。

タンドーリチキンの作り方はおぼろげながら知っていたのですが、どうしてこれまで作らなかったのかというと、「土釜問題」があったからです。

タンドーリチキンは、壷形の土釜(タンドール)の中で鶏を串刺しにして焼くものですが、そんな釜は家には無いのです。 だから作らなかったのです。

でも放映を見ていたら「土釜を持たぬ日本人は、オーブンで焼くべし!」と力説していたので「あ、そのテがあったか」と納得し、 早速作り始めたのでした。

鶏もも肉の皮をはぐ

鶏もも肉

鶏のモモ肉を用意しまして、皮をはぎます。 普段何の考えもなくかぶりついていたタンドーリチキンですが、皮ってついてなかったんですね。

※残った鶏皮は、チーユを作ってみたり、焼いて食べたりします。


鶏肉に切り込みを入れる

鶏肉の所々に味がしみやすいように切りこみを入れます。


鶏肉を漬け汁につける

漬け汁

ヨーグルト自家製スパイス粉唐辛子マスタードオイルすりショウガすりニンニクパプリカパウダーを合わせて鶏肉にまぶしつけ、 一晩冷蔵庫で寝かせます。

今回自家製スパイスにはガラムマサラを用い、マスタードオイルはサラダ油で代用してみました。  塩の量だけ気をつければ、あとは何をどれだけまぶしつけても旨く作れると思います。

ヨーグルトにより肉が柔らかくなるという話です。


鶏を焼く

焼く

あとは鶏をオーブンでじっくり焼きあげるだけです。

しかし、事もあろうに、我が家のオーブンは先日ぶっ壊れてしまいまして、現在新しいものを発注中です。 だからオーブンがないのです。

大体このオーブンときたら、購入当初からやれU○×だの、H△□やら、ワケのわからぬエラーが頻発して非常にストレスを感じる一台でした。  壊れてしまった事に関してはくやしさ半分、嬉しさ半分といったところでしょうか。 これでやっとあのわずらわしいエラーから開放されると考えれば買い替えに伴う出費も痛くありません。

ある日こんな事件がありました・・・・・・おっと、話があらぬ方向へ飛んでしまいました。 えーっと、鶏を焼くんでしたね。

オーブンを持たぬオイは、燻製器で焼くんです!

燻製を作るときに使用している自家製燻製器の中に鶏を吊るし、熱燻で焼き上げました。  チップを使わなければ、オーブンとしても活用できるのです燻製器は。 3時間かけて頃よく焼きあげました。

焼きたては乾いた感じになりますが、ラップでくるんでしばらく置いておくと、しっとりとします。 熱々でも、冷たくてもしみじみ美味しいものです。

※焼いているとヨーグルトがポタリポタリとしたたり落ちます。 なので肉の下に受け皿を設置しました。


茄子を揚げる

ベグン・バジャ

タンドーリチキンのほかに、東インド名物である「ベグン・バジャ」の作り方も紹介されておりました。

作り方は簡単です。 茄子を切って、水にさらしてアクを抜き、粉唐辛子ターメリックをまぶして揚げるだけです。


ベグン・バジャ

見た目通りの美味しさです。 ホント茄子って油とよく合いますというか、もはや合いすぎです。


タンドーリチキンのツボ

  • タンドーリチキンは北インド名物です。
  • タンドーリチキンは本来一羽まるごと焼くそうです。
  • 作り方は爆笑問題のニッポンの教養「マジカルカレーツアー」を参考にしました。

おさらい

鶏もも肉を皮をはいで切れ目を入れてから、漬け汁につけて一晩置く。 オーブンで焼く。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

11/02/26