ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 焼き物 / チキンソテー

チキンソテー

チキンソテー鳥モモ肉を焼くだけ

鶏モモ肉に、塩、胡椒をして焼くだけというシンプルさ。 超簡単だけど、 皮パリパリかつ肉ジューシーで、肴にもご飯のおかずにも美味しいですよ。 焼くのに少しコツが必要だけど、なーに難しいこたーありません。

鳥モモ肉

鳥モモ肉の下処理

鳥モモ肉のスジを取り除いたり、身の厚みが均等になるように包丁で切れ目をいれたり、身のヌメリを塩水で洗ったり、 余分な脂肪を取り除いたり・・・

という処理は何もしません。

鶏モモ肉を、焼く直前に塩、胡椒を両面にふる。 これで下準備完了であります。

※お好みで上記のような丁寧な下処理をしてください。


クレイジーソルト

塩コショウを振る際、個人的な好みで、たまにクレイジーソルトを使ったりします。(ヨメはセロリがキライなので普通の塩胡椒) 塩にこだわると、風味が大分違ってきます。


長ネギ

その他具材

鴨とネギの関係についてはもはや言うまでもありませんが(合鴨鍋)、鶏とネギのコンビネーションだってすごいんです。  鳥のエキスを吸い込んだ長ネギは格別でありますから、適当な大きさに切ったネギをたっぷり用意しておきます。


レモン レモン

焼き上がりにレモンを絞りこむとまた格別。 あとめしにも使用しますので多めに用意してください。

レモンば切る


皮面焼く

焼き

まずはフライパンにサラダ油やごま油等お好みの油を引いて、長ネギの青い部分を投入して炒め、ネギの風味を油に染み込ませます。  簡単なネギ油です。

その後鶏肉を投入します。 はじめに皮面のほうから焼いて、焼色がついた頃、ひっくり返して反対面も焼きます。


反対面焼く 皮の無いほうの面は、右図のように身が白くなる程度に焼くだけでOK。  今回の作り方では、皮面からじっくり火を通して焼き上げることにより、皮をカリカリに仕上げ、 それなのに身はジューシーという風に仕上げることが目標です。 ここらで長ネギの青い部分は取り出しましょう。
蓋閉める 再び皮面を下にして、蓋をして焼いていきます。 以後一度もひっくり返すことなく、20分間焼きます。 火加減はごく弱火でお願いしときます。
焼けた

〜20分後〜

皮面はこのように、こんがり狐色になっています。 ここで長ネギの白い部分を投入します。 お好みで酒を回し入れてガーっと炎をだします。 

焼けたかどうか、念のため確認するには、身に竹串でも刺してみて、透き通った汁があふれ出れば中まで火が通っている証拠です。


チキンソテー完成 完成

器に盛りつけて完成! レモンを絞り込みます。 ネギがまた美味なり。


あとめし準備

あとメシ

「チキンソテーは上手に作れたことだし、フライパンでも洗おうかなっと。」

ちょっとまって。 もったいないです。

フライパンに残る脂には、鳥やネギの極上エキスが残っているのです。 これをみすみす捨てるワケにはイカンですよ。


ごはん ご飯を茶碗一杯分用意します。 チキンソテー後のフライパンを火にかけて、油を再加熱します。 そこにご飯を投入して、ざっくり混ぜ合わせながら醤油で味付けをします。 仕上げに鍋肌に酒をたらしてガーっと勢い良く炒めて完成。 小ネギでも散らします。
あとめし

食えばわかるこのウマサ。 もーね、サイコー。




チキンソテーのツボ

  • 皮面ば下に20分焼く
  • 胡麻油でもウマイ
  • 鳥ムネ肉でも結構です。
  • チキンレバーソテーもお試しください。

おさらい

鳥モモ肉に塩胡椒をして皮面を焼き、少し色づいたら反対面も焼く。 反対面が色づいたら、皮面を下にして、 蓋をし、20分間じっくりと焼きあげる。 せっかくだからあとめしまで楽しもう!

05/11/20


Tweet @yes_oiをフォロー