メニュー


TKG

TKG

酒亭のカウンターで一人飲んでいた時の事です。 景色に同化していてしばらく気づきませんでしたが、目を凝らせばいちばん端に、女性がひとりうなだれています。

ピクリともしません。 徳利が三本転がり、半分残ったワインボトルが見えます。 店の人もそっとしといてあげているのでしょう。

しばらくし、女性は何か言葉を発しました。 はじめはモゾモゾ聞き取れませんでしたが、次第に声はハッキリしてきて「寝ちゃったー」と連呼しています。

店主と話しておりますが、そのやりとりを見る限り、常連さんなのでしょう。

「今日は止めときます、シメ?」と聞かれた女性は「ちょーだい」と答えまして。

しばらくし、お盆に乗せられ運ばれてきたのは、かのTKG、すなわちたまごかけごはんでした。

「それではいきます」と店員は宣言し、女性の傍らに立ってTKGの調合を始めました。 器のフチで卵をカン、と割り落とすやいなや「カタタタタタ・・・」とけたたましく菜箸でかき混ぜます。

15秒ほどかき混ぜた後「ッターン!」と糸を切り、次に「失礼します」とご飯をはじって穴を開け、そこへ溶き卵を流し入れます。 そして一歩下がって「どうぞ!」と役目を終えたのでした。

女性は無言のままそこへ醤油を二周回しかけ、軽く二三度混ぜた後「ズロロー!」と勢いよく掻っ込みました。

その姿の潔さといえば、思わず呑むのも忘れる程でした。

TKGDX

TKGDX

風のように去った女性に触発されて、ここはひとつオイもTKGでシメてみようと思ったんです。 そこで店員さんに「TKGお願いします」と伝えると、「普通ので良いですか?」と返ってきたんです。

「他になにがあるんです?」と聞き返したのは言うまでもありません。 すると「デラックスバージョンがあります」と言われたからには、頼むしかありません。 「ではデラックスを」

しばらくするとお盆に乗せられTKGDXは運ばれてきました。

「それではいきます」が始まるのを息を飲んで待ちましたが、店員さんはお盆を置くなりキビスを返して引き上げました。


ご飯に穴を開ける

するとカウンターごしに店主が食べ方を指南してくれまして、まずはご飯に穴を開け、


卵を落とす

そこへ卵を落として


混ぜる

軽くまぜ、醤油を回しかけるのではなく、


TKGDX

みりんと醤油で柔らかく煮込んだ牛筋肉を乗せるんです。 シメだというのになんちゅうボリュームなんでしょう。

辟易しながら口にすれば、これがなんとも牛丼的に美味であり、スルスル自分でも不思議な程楽に胃に収まってしまったのです。


たまごかけごはん

たまごかけごはん

人により様々なこだわりがあると思います。 オイはもっぱら「卵黄のみ」を用いる濃厚タイプが好みでして、


たまごかけごはんを食べる

ご飯に落として割る程度のところほぼかき混ぜず、醤油をひとたらしの上むさぼるのが得意です。

「ご飯と卵が完全に混じるまでかき混ぜにゃならん」という意見も多々聞いた事がございますが、皆様はいかがでしょうか。


温泉卵ごはん

温泉卵を使うのも旨いんですよね。


TKGのツボ

  • 美味しい卵を使うと驚愕の御馳走になります。

おさらい

たまごごはんを好きなように食べる。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

14/11/03



ページトップへ
* *