メニュー


つつまず

つつまず

いまさらですけど餃子包むのって、かなり手間ですよね。

先日あまりの忙しさに途中で投げ出して、こんな風に焼いてみたところ逆にイケましてね。

生地を広げる

市販の皮でまいります。

小鍋をカンカンに熱したら弱火に落として油を引きます。

そこへ計8枚の皮を、図のように並べ広げます。


焼きそばを焼く

タネ

すかさず皮上に自慢のタネを、ギューギューに押し込めます。 この餃子の場合、包まない故「具の大きさ問題」から解放されています。 なのでムキエビやホタテも、丸ごと入れたりできる所がなんとも贅沢です。


具を乗せる

焼く

タネの上からまた皮を並べまして準備完了です。

あとはフタをして、弱火でじっくり焼いていくだけなんです。 環境にもよりますが、片面10分も焼けばこんがり美味しく仕上がるでしょう。 時折ヘラを差し込んで焼け具合を確かめると良いものです。


卵を落とす

頃合いを見て、フタを押さえながら鍋を持ち上げ、エイッとひっくり返しまして、焼いていない面が鍋底にくるようにします。 両面焼いたら、焼きはじめの面を上にして完成です。

※フタにも薄く油を引いておくと良いです。


生地をかける

皮はサクサクですし、タネはモロジューシーです。 何せキッツキツで作ってますからね、肉汁の逃げ場なんて無いワケですから肉内に戻っちゃうんです。



返す

つつめ

成功したのに気をよくして、今度はピザ生地で包みこんだ言わば、デカ餃子を作ってみました。 一個包むぐらいなら手間でもありません。

今回たまたまピザ生地ですけど、 フツーの手作り餃子の皮でも十分です。 コツは、厚めな皮でくるむ事です。


焼く

両面各10分焼きます。


返す

食べる

外側はパリパリの皮も破れば中はホックホクです。 肉汁もたんまり吸い込んでいますからね、この場合、タネより皮がメインの餃子だと言えるでしょう。


レシピのツボ

  • ポン酢等かけて食べるよりも、タネにしっかり味をつけてムサボるほうが旨いです。

ひとこと

次なるSNSは、音だと思います。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

16/07/12



ページトップへ
* *