メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 麺類 / 担担麺 | タンタンメン

担担麺

担担麺 | タンタンメン

「辛いカリー」がウリというカレー屋に友人と出向きました。 オイは辛さ10倍という10辛カレーを注文。 友人はその店で一番辛いという30辛カリーを 注文したわけです。 カレーが到着しました。 水差しと、コップの位置を確認。 覚悟を決めて、パクリと一口。 初めは「辛っ! でもこのぐらいだったら 大丈夫大丈夫。 食える。」と、予想以上に辛くないことに安心するわけです。 しかし、次の瞬間、はげしい辛味は突如として口中喉胃全体に襲い掛かるのでした。

「水、水。」と、水を一気に飲み干し、辛いけどまた食べる。 水飲む。 食べる。 と、繰り返すわけですが、もはやカレーの味なんてしないわけ。  「傷み」を食べているという感じになるわけ。 休むとおそらく完食できないので、急いでかき込んでしまうという食事というか作業になるのです。

自分のコトにいっぱいいっぱいになっていて、隣の30倍男をことを忘れていました。 チラッと横を見てみると、声ひとつあげずに、大の大人が涙を流しながら、 いや、もはや泣きながら、汗かきながら、鼻とよだれたらしながら、顔中から体内の水分を発しながら、スプーンを持つ手をガクガク震わせながら、ちょっとづつ 食べているわけです。

結局2人ともなんとか完食できましたが、もう2度と辛すぎるカレーは食べまいと、心に誓ったのでした。

さて。 今回のタンタンメンは、すごく辛いです。 充分注意をしておかないと、あなたは30倍男の二の舞になること間違いなしです。 でも、ものすごくウマイです。 夏の暑さなんかぶっ飛びますよ。 後半では麺も自作してみます。

担担麺-たれ

担担だれ

タンタンメンの種類は数あれど、ベースになるのはこの担担だれ。 これさえつくっておけば、あとはトッピング次第でどうにでもなるのです。  ということで粗挽きの赤唐辛子を適量用意します。 韓国産だとなお雰囲気でます。 
担担麺-唐辛子 その赤唐辛子に、を加えてよくかき混ぜておきます。  こうすることで、唐辛子を炒める際の焦げ付きを防ぐわけです。
担担麺-唐辛子を炒める 鍋をカンカンに熱して、胡麻油を注ぎます。 油が満遍なくいきわたったら、中火にして、水溶き赤唐辛子を投入し、炒めてゆきます。  だんだんと水気が飛んできて、唐辛子の香りがキッチン全体に充満し、この段階で辛さの想像がつきます。
担担麺-醤油とゴマ フライパンの中の唐辛子の水気がほどよくとんだ頃、醤油胡麻を好みの分量入れて、よく混ぜ合わせます。 これで担担だれのできあがり。  花椒をくわえるとより本格的な風味になります。 担担だれのほとんどが赤唐辛子で構成されているため非常に辛いです。 辛いのがニガテな方は、 八丁味噌なんかを入れて、唐辛子の分量を減らすとよい感じです。

※我が家では自家製テンメンジャンを入れたりもします。


担担麺-具

タンタンメンの具材

担担だれさえ作れば、あとは何をどのようにして食おうが各人のお好みです。 今回は定番的に豚肉を炒めて具材とします。  鍋を熱し、油を投入。 そして好みの豚肉を投入し、炒めます。 ショウガ汁醤油なんかを加えながら炒める、 というように手をかけたほうが美味しくなります。 豚肉に十分火が通って、汁気がとんだらできあがり。
担担麺-麺

タンタンメンの麺

麺は今回、即席の冷し中華のものを流用します。ほどよい程度に茹で上げて、よく水切りしておきましょう。 たまたま縮れ麺でしたが、タレの絡み具合のことを考慮すると、 ストレート麺よりも、縮れ麺や、平打ち麺のほうがよいです。 太さもお好みで楽しみましょう。
担担麺完成

麺を器に盛り、担担だれをかけ回します。 そして豚肉のトッピングを散らし、上から小ネギでも振りかければタンタンメンの出来上がり。  よく混ぜてから食べましょう。


自家製麺で担担麺 →

さて次は麺も自作して、タンタンメンを楽しみます。 いざっ!


担担麺のツボ

  • 担担麺のルーツは「汁なし」。
  • 汁のある担担麺は日本で生まれた。
  • 担担だれは、その他の料理にも活躍しそうな予感。
  • 広島式もどうぞ!

おさらい

粗挽き赤唐辛子に水を混ぜてよく溶き、鍋に胡麻油を熱し、その唐辛子を炒める。 水気がとんだ頃、醤油と胡麻をいれて混ぜ合わせる。 豚肉を炒め、酒、ショウガ汁 、醤油で味付け。 麺を茹でて、担担だれ、具材を乗せて、小ネギを散らしてよくまぜて食べる。

06/07/11



ページトップへ
* *