メニュー


半熟卵のおでん

かわりオデン

老舗風おでんの際書いたおでん屋にようやく行けました。

ちょっとよそではお目にかかれないような品々に目を丸くしました。

焼きアゴ由来のおでんだし

おでんだし

いつものようにカツオダシを引いてみりん薄口醤油で味を調えます。

あとはオデンダネを超弱火でジリジリ「いじめ煮」すればよいだけです(おでん)。


半熟卵をいじめ煮する

半熟卵のおでん

一見単なるオデンのタマゴが噛めば何と黄身がトロけて!というインパクトある一品です。  あらかじめ半熟卵をこしらえておき、食べる前におでんだしに入れていじめ煮すること五分。 引き上げてパクつきます。 食べた人は皆「エ!」と言っちゃいます。


半熟煮卵のおでん

こだわるならば半熟卵を冷ましたオデンダシに浸しておいて色つけて、そこから引き上げ五分煮る、という風にやります。


トマトをいじめ煮する

トマトのオデン

湯むきしたトマトをオデンダシでいじめ煮すること五分です。

トマトの旨味は力ありますから、他のタネと一緒に煮ると味が広まっちゃいます。 なのでトマトを煮るのは別鍋でやるとよいです、が、広まったところで好影響なんですけどね(とまとのおでん)。


プチトマトのオデン

山椒を散らしましたがあらゆる薬味がよく合います。


カマンベールチーズのオデン

カマンベールチーズのオデン

切り分けたカマンベールをダシに入れてうーんそうですね・・・好みにもよりますが三分ぐらいでしょうか、いじめ煮すればできあがりです。 かろうじて箸で持ち上げられる程度の煮加減がよくウケます。


以上かわりダネオデンでした。 何か面白いタネがございましたら是非「おでんの具といえば?」よりご投票ください!


レシピのツボ

おさらい

かわったタネをオデンにして喜ぶ

14/01/30



ページトップへ
* *