メニュー

ぷちぐるtop / 調理の基本 / 調理の基2 / ゆで卵の殻のむき方

固ゆで卵

ゆで卵の殻のむき方

「ちゃんと注意して茹でたハズなのに・・・」とウチの家内はよく嘆いております。

せっかく茹でた卵の殻を、いざむこうとしたところ、なんか薄い膜に邪魔されて上手くむくことができないのです。

たしかに卵によっては注意して茹でてもこうなることがありまして、そんな時は次のようにやるときれいに殻をむくことができるんです。

卵の殻に穴を開ける

ゆで卵を作る

さてまずはゆで卵を作りましょう。 半熟もよいものですが、今回は固ゆで卵を作ります。

まず卵の底の中心に、画鋲で穴をあけておきましょう。 こうすることで、後ほど卵の殻がむきやすくなります。

卵に穴をあけるなんて、なんだか中身がでてきてしまいそうな気もしますが、卵のこの部分には気室がありまして、中身が出る事はないのです(参考:卵辞典)。


卵を茹でる

グラグラ沸騰した湯に卵をゆっくりと沈めまして、12分程度煮るとできあがりです。

茹ですぎてしまうと、黄身の周囲が黒ずんでかっこ悪くなりますので要注意です。 茹でてから長時間水につけておくのも黒味を作る原因となりますのでやっぱり要注意です。

※卵を乱暴に沈めてしまうと、殻が割れて中身が流出してしまいますので、ザルなどを使い、静かに沈めるようにしましょう。


卵を冷やす

茹であがったら即流水につけて、1、2分かけて冷やします。 こうすることで、後ほど卵の殻がむきやすくなります。

トロビ

殻をむく

流水から引き上げて水気をふいて、まずはすりこ木等で卵の表面をまんべんなくコツコツ叩いて殻を細かく砕いていきます。 気が短い人はイライラするでしょうが、美しい茹で卵を食べるためです。


卵の膜に阻止される

さてさて、正しい手順をふんだので、きっと茹で卵はすんなりむけてくれて、ツルッツルたまご肌をみせてくれることでしょう。

いざ、「ペリッ。 あれ?」

ちゃんとやってんのに、殻をはがすと薄い膜が現れました。 卵の表面は思い描いていたツルツルではなく、膜のおかげでザラついています。  この膜こそが、綺麗な茹で卵作りにおける最大の敵なのです。


悲惨な結果に

邪魔な薄膜をはがそうと苦心してつまみ、いざひっぱると白身までついてきてしまう有様です。 こうなると一気にトーンダウン、料理どころではなくなります。 心がボキッと折れる瞬間です。


手の中で転がす

こうするとうまくむける

ちゃんと茹でたにも関わらず、殻をむいてみたら膜が現れた場合はあせらずこうやります。 殻をむりに引きはがそうとせず、 両手で卵をつつんで優しくコロコロ転がすのです。 半熟卵の場合は、より優しく転がします。


殻をきれいにむく

すると無意味に頑張っていた薄皮は態度を改め、殻のほうへ移ってくれるはずです。 そうなればしめたもので、まるでリンゴの皮でもむくかのように、 殻の下の薄皮ごとクルクルむいていくのです。


無事むけた

無事ツルツルにむくことができました。


ゆで卵の殻のむき方のツボ

  • 絶妙な茹で卵もどうぞ!
  • 茹でてからほったらかしておくと、膜粘着リスクが劇的に高まりますので茹でて冷やしたら即むくようにしたいものです。
  • その他茹で卵の上手なむき方をご存じの方がおられましたら、お教え願います。

おさらい

茹で卵をきれいにむきます。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

12/07/20