メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / ごはん系 / ひき肉とじゃがいものカレー

ひき肉とじゃがいものカレー

ひき肉とじゃがいものカレーカンタンすぎー!

溶けてしまうほど熱い夏、BBQで盛り上がった日々がもう、遠い昔の事のように思える今日この頃です。

子供たちが集まる場では、カレー出現率が八割にものぼりますところ、いかんせん日々忙しいお母様方は、市販のルーでチャチャッとこしらえハイお食べ、というパターンが定番化しております。

「カンタンに、市販のルーなんて超える味が作れますよ!」

と提案しましたがいかんせん、早朝から慌ただしい日々を送るお母様方は「そうねえ、でも、メンドウでしょう?」と口をそろえます。

そこで超簡単に、でもしっかり本格的な味を出せるカレーを!と考案したのが本作でして、子供たち、お父様お母様にも好評でした。

ルーをこねる

ルー

「キツネ色になるまでバターでじっくり小麦粉を炒めまして云々」とかいうからカレーは市販品になっちゃうんです。

鍋を熱し、あったまったらバターを溶かし、小麦粉を加えてよくこねます。 分量さえ守れば、投入後すぐにこねくりまわせるルーとなります。


めんつゆを入れる

すかさずルーの上からめんつゆ(ストレートでない)ですね、これをチョボチョボ入れてはこねくり回し、入れてはこね、と全量めんつゆを溶かし加えてまいります。


具を投入

めんつゆを全部加えた頃、カレーと呼ぶにはトロミに欠けるソースが鍋中にあると思います、がここですかさずさいの目切りのジャガイモひき肉を加えまして、 弱火で15分煮続けます。 時折ザックリ混ぜ、焦げつきだけは防止したいところです。


味付

調味

さて15分経ちました。

「そう、このトロみですカレーは!」

って感じの質感になっている所で味付です。 カレー粉を加え、その他パプリカ等お好みのスパイスを加えて弱火で煮続けます、んー良い香り。


調味

味付はシンプルに砂糖だけなのですが、きちんと味はまとまります。 初めに砂糖を加えて混ぜて、あとは塩にて味を調えます。


仕上げ

仕上げにカレー粉をもう一度加え、火を止めてからご飯と盛ります。

ちなみにご飯ですが、サフランライスなぞ、たいそうなものをこしらえるとなれば手間ですけどね、 単にご飯にターメリックとオリーブオイルをまぶしつけてザックリ混ぜると美味しそうな黄色いターメリックライスになります(本式ターメリックライス)。

子供たちはいつものカレーとチと違う、黄色いご飯のおいしいカレーを食べた日の事を、大人になってもきっと、大切な思い出として忘れないでしょう。


レシピのツボ

  • グラグラ煮すぎるとジャガイモが溶けてなくなっちゃいます。

おさらい

簡単だけど、しっかり美味しいカレーを作るのだった。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

15/09/13



ページトップへ
* *