メニュー


肉のしばり方:ローストビーフ

肉のしばり方

ローストビーフハム作りなど、肉をタコ糸で体よく縛る場面は個人的に多々ありまして、 これまで適当に縛っていても、これといって不具合はありませんでしたがこの度、

さすがによい大人だしキチンとした縛り方を体得すべく、肉屋さんから聞いてまいりました。

肉のしばり方1

肉のしばり方

ここに取出しましたるは、

肉の代用品であるピンク色をしたタオルと、タコ糸の代用である紺色のヒモです。 ではさっそく、これらを用いてご説明いたします。

まずはヒモの一方を肉の端に結びつけまして、


肉のしばり方2

もう一方を、肉の真上に差し出した手のひらへ、ダランとたらします。


肉のしばり方3

すかさず手のひらを、ひとひねりした後、そこに生み出された輪っかを肉に通します。

はじめに作った結び目よりも奥に通し、


肉のしばり方4

糸を引けばグッと肉が締まります。


肉のしばり方5

引き続きこの作業を肉の終点まで繰り返します。


肉のしばり方6

糸と糸の間隔はこれといって決まってませんので、自分が眺めて「格好良いな」と思える程度に開きます。


肉のしばり方7

ということで肉の端まで縛ることができました。


肉のしばり方8

ここで肉の天地をひっくり返します。


肉のしばり方9

元裏側は、現在この様になっておりますところ、


肉のしばり方10

糸の一部を、縦に走る糸の下側からくぐらせて輪を作ります。


肉のしばり方11

その輪へ糸の先端を通してグッと横へ引けば、肉が締まります。


肉のしばり方12

こんな感じですね。


肉のしばり方13

あとはこの作業を肉の終点まで繰り返すだけです。


肉のしばり方14

仕上げ

終点まで来たら、再度天地を返し、はじめに作った結び目の所で糸をしっかり結び、余った糸を切ります。

以上お肉屋さん直伝な、肉の縛り方でございました。


肉のしばり方のツボ

おさらい

肉を体よく縛って喜ぶ。


インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

14/11/17



ページトップへ
* *