タケノコ
タケノコ

タケノコの茹で方

「やった春だ、タケノコだ! と意気込んだけど、茹で方どうやるんだったっけ?」

こうです。


タケノコの下処理

下準備

タケノコを水洗いして汚れを落とし、根本の固い部分を切り離します。 続いて穂先をナナメに切り落として、皮に浅ーく縦一文字に包丁を入れておきます。


タケノコを茹でる

茹でる

大鍋に米のとぎ汁を注いでタケノコを入れて、米ヌカドッサリに唐辛子を2、3本放り込んで火にかけます。

竹串を刺す

沸騰したら弱火にし、タケノコに串がスッと通るまで弱火で茹でます。 茹でる時間はタケノコの大きさにもよりますが、1時間〜3時間程度です。

茹であがったらそのまま冷ましまして、


皮をむく

皮をむく

水にさらして皮をむきます。


あとは食べやすい大きさに切り分けて調理するのみです。  タケノコのヌラ煮若竹煮もどうぞ!


たけのことヌカ

掘りたてのたけのこは柔らかくて味も良いので茹でる必要すらありませんが、時間が経つとエグみが出るので茹でて水にさらします。

茹でる際は水量の二三割のヌカを入れると美味しく茹でる事ができます。 ヌカの溶けた茹で汁に、エグみの元であるシュウ酸が溶け出し又、ヌカに含まれる酵素が作用して柔らかく茹であがります。


タケノコの茹で方のツボ

  • アクが残れば風味は台無しです。

おさらい

タケノコを手際よく茹でる。

14/05/01


*