メニュー


扁炉

扁炉

「河童の対談 おしゃべりを食べる」内にあった扁炉についての記述をまとめています。  ピェンローを作る際にはぜひご一読どうぞ。

扁炉とは

  • 40分で作れる中国風白菜鍋。
  • 元は中国広西省の家庭料理。
  • 作り方はおおざっぱでも不思議と味はデリケート。
  • 乱暴に作ってもおいしいのがピェンロー。
  • 完成したピェンローが美味しくない場合は、自身の塩加減が悪かったということになる。
  • 扁炉の意味を中国人に聞いたら、扁(ピェン)とは「ささやかな」という意味で、炉(ロー)は鍋料理ということ。 扁炉とはささやかな鍋料理のこと。
  • 少なくとも4人以上でにぎやかに食べたいもの。
  • 食べるときはできるだけ汁を飲まないようにする。 後で粥を作るときに必要だから。
  • 具を食べた後に残るスープでピェンロー粥を作る。 腹いっぱいでもなぜか食べてしまう。
  • ピェンロー粥には冷たいベッタラ漬けが合う。
  • 塩加減は少し濃いほうがおいしい。
  • 美味しいものを食い飽きた人でも、食べ続けたがる不思議な鍋。
  • 完成直前のごま油タラタラが唯一の秘訣。
  • 白菜が美味しくなる冬の鍋。

扁炉:材料目安

以下5人前の分量

  • 白菜1株
  • 干ししいたけ50g
  • 豚肉500g
  • 鶏肉500g
  • ビーフン一袋(水で戻しておく)
  • ごま油適量
  • 塩適量
  • 一味適量

河童さんと扁炉

河童さんが20歳のとき、中国から帰国した人に教えてもらったのがはじまりらしいです。 元は中国広西省の家庭料理で、中国では、 川魚のぶつ切りも加えるそうですが、それは省略したそうです。


それでは楽しい扁炉生活をお楽しみください。  ピェンローに戻る→


扁炉のツボ

  • 自由に作っていいんです扁炉は。

おさらい

なるほどよくわかりました。

05/07/19



ページトップへ
* *