メニュー

ぷちぐるtop / レシピ一覧 / 炒め物 / ゴーヤチャンプル

ゴーヤチャンプル

ゴーヤチャンプル

夏が近づくと恋しくなるゴーヤ。 苦くてボコボコでなんだか妙なヤツなんだけど、 チャンプると酒にもご飯にも嬉しい一品に変身するわけです。

ゴーヤチャンプル-ゴーヤ

ゴーヤ(ニガウリ)

とにかくゴーヤを一本買ってきましょう。 熟れすぎていて握ったかんじ少し柔いものや、色が妙に黒ずんでいるものなどはさけます。


ゴーヤチャンプル-ゴーヤタネとり

ゴーヤを縦半分に割り、タネをスプーンなんかでこそぎ取ります。


ゴーヤチャンプル-ゴーヤきり

タネを取り除いたゴーヤを適当な大きさに切ります。


ゴーヤチャンプル-ラード

チャンプル

さて炒めていきますよ。 まずは鍋をカンカンに熱し、そこへラードを投入。 ラードがイイです。 そうして好みでニンニクでもほうり込んでおきましょう。


ゴーヤチャンプル-肉

さて今回は豚バラ肉を使用します。 軽く塩をふって、適度に炒めます。 ばってんですね、より沖縄風に作るのであれば、ベビーハムやランチョンミートなんかを使うと雰囲気でますね。


ゴーヤチャンプル-豆腐

豆腐

豚肉がほどよく炒められたら、よく水切りしておいた豆腐を投入し、グチャグチャ混ぜ合わせます。


ゴーヤチャンプル-ニガウリ

ゴーヤ投入

さて用意しておいたゴーヤを入れ、ガンガン炒めます。 この炒め加減で出来上がりのゴーヤの苦味が違ってくるのでお好みでどうぞ。 オイの場合、 サッと炒めてゴーヤの苦味を楽しみますが、苦いのがイヤな場合はよーく炒めておきます。

※薄く切って炒めると苦味が和らぎます。


ゴーヤチャンプル-醤油

醤油

ゴーヤが適度に炒められたら、鍋肌から醤油を回し入れて調味します。 でも醤油を入れず、出来上がりにポン酢をかけて食うのもオススメでありますよ。


ゴーヤチャンプル-卵

卵投入

そして最後に生卵を割りいれ、瞬間、ものすごい勢いで混ぜ合わせます。  すぐさま消化し、器に盛ると、ゴーヤチャンプルのできあがり。 好みでかつお節なんか散らして食います。


ゴーヤチャンプルのツボ

  • ポン酢で食べるバージョンもオススメ。
  • 唐辛子なんか入れて辛く作るのもウマイ。
  • ランチョンミートを使うと沖縄風に近づく。
  • ゴーヤのビタミンCは加熱に強い。
  • ゴーヤは沖縄の言葉で、ニガウリ(ツルレイシ)のことです。
  • ゴーヤの苦さはモモルデシンという成分。
  • チャンプールーとのばして発音することもある。
  • チャンプルには豆腐が入っていることが絶対条件。
  • ゴヤたまもどうぞ!

おさらい

鍋にラードを入れて、肉をいためる。 豆腐を炒める。 ゴーヤを投入し、お好みの加減炒める。 醤油で味付けし、最後に生卵を割りいれサッと炒めるとできあがり。

インスタグラム始めました!フォローお願いします。

Instagramはじめました! ぜひフォローお願い致します。

06/06/16



ページトップへ
* *